オーディションに送る履歴書の書き方を徹底解説!自分のアピールポイントを理解して魅力を最大限に伝えよう

芸能人になるには

オーディションに送るための履歴書をどのように書けばいいかお悩みの方が、いらっしゃるのではないでしょうか。芸能事務所オーディションの応募には、書類審査がほとんどあります。

履歴書で自己PRが採用担当者の目に留まればオーディションに合格する可能性が高まります。

そこで本記事では、オーディションで合格する履歴書の書き方について解説します。履歴書を書く際、自己PRを書く欄があることがほとんどです。

趣味や特技、得意なことなどを記入しますが、ありきたりな内容だけでは採用担当者の目に留まりません。自分だけの魅力を履歴書でアピールすることが大切です。

履歴書で自分のアピールポイントを採用担当者に伝える方法がわかる内容になっているので、ぜひ最後までお読みください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

オーディションで合格する履歴書の書き方

芸能オーディションではほとんどの場合、書類選考が行われるため応募の際には履歴書を用意する必要があります。

その際に履歴書の書き方が雑であったり、内容が微妙であったりするとオーディションに通過することは難しくなります。それほど履歴書は、合格に関わる重要なものです。

そこでこの章では、履歴書の書くべきコツについて詳しく解説します。何を書いたらいいか悩んでいる方や書類選考で通過する確率が低い方は、ぜひ参考にしましょう。

個性やアピールできるポイントは積極的に取り入れる

履歴書を書く際に自分の他にはない個性やアピールポイントは積極的に取り入れて記入しましょう。自分では気づけないという方は、家族や友人に聞き客観的な意見を取り入れると良いかもしれません。

また、憧れの芸能人を伝えれば、その人が目指す方向性が審査員からも想像しやすくなるため、印象に残るためにもアピールしてもいいかもしれません。

アピールポイントが自分にはないと考える人でも好きな本や小説、教科などでも趣味嗜好が何となく想像できるため、私生活から取り入れましょう。

本当のことを書くのは基本ですがより印象に残りやすく、個性がアピールできるように自分の考えを積極的に書きましょう。

手書きの履歴書の場合は読みやすい丁寧な字で書こう

最近は、デジタルで履歴書を書く場面も増えてきましたがまだ手書きで記入する履歴書の場合もあるため、その場合に備えておきましょう。

基本中の基本ですが履歴書を書く際は、採用担当者が読みやすいよう丁寧な字で書くことを心がけましょう。雑に書かれた履歴書よりも丁寧に書かれた履歴書の方が印象もいいですし、読む側もしっかり読んでくれます。

また、細かい部分ですが文章が長くなるときは改行するなど工夫をすることで、より読みやすくなります。

アピールしたいことが複数ある場合は箇条書きにしたりすると一目見ただけでポイントを押さえやすくなり読んでもらいやすいです。

オーディションに合格するカギは自己PRの充実した履歴書

オーディションに合格するカギは、自己PRをする際に何がアピールポイントになるか自分の強みとなる部分を知っておくことが重要です。

芸能界で活かせる趣味や特技があるならそれは大きな強みになります。習い事や自分が得意とすることは、積極的にアピールしていきましょう。

自分の強みが分からない場合は友人や家族に聞き客観的な意見を聞くことで、自分が見えていなかった自分を知れたり、改めて自分の得意と思ってたことが確信できます。

周りにない意外な趣味・特技

見た目からは想像できない意外性のある自己PRは採用担当者の目にも留まりやすいため積極的にアピールしていきましょう。

・見た目は細身で大人しそうだが、特技はスポーツや格闘技である。

・見た目が強そうな男性が料理や、お菓子づくりが趣味で日ごろから作っている。

趣味や特技が複数あるという方は、その中でも意外性のあるものをピックアップすることで興味を持ってもらえるかもしれません。

性格的な魅力をアピールする

特別な趣味や特技がないからといって、芸能界への夢を諦める必要はありません。個性が他の人よりもなく埋もれてしまうかもしれないと考えている方もいますが、その人の能力は趣味や特技では決まりません。

自己PRでは会って話してみたいと思ってもらうことが重要です。努力できる、緊張しない、覚えがいいなど、性格的な魅力をアピールするのも大事になります。

アピールポイントが弱いと考えている方は、自分の持つ強みを積極的にアピールしましょう。そういった部分が重宝されるのが芸能界です。

アピールポイント詰め込みすぎない

自己PR欄にアピールポイントを詰め込みすぎると、結局何を伝えたいのかが分かりにくいということがよくあります。

書類選考でアピールしたいことが多く、詰め込みすぎてしまう気持ちもわかりますが、その中でも自分が一番と呼べるものを挙げましょう。

魅力的なアピールポイントがあっても伝わらなくては意味がありません。そのため、自分の一番を履歴書に書きましょう。

構成を考えて分かりやすい自己PRを心がけよう

自分のアピールポイントが決まったら自己PRの構成を考えることが重要です。自己PRが決まっても構成が悪いとうまく伝わりません。

わかりやすく伝えられれば採用担当者の目にもとまりやすく効果的です。とりあえず文字に起こすよりも構成を考えてから自分の伝えたいことを伝えましょう。

この章では、どのように構成して書けばいいか解説します。うまくまとめることが苦手な方は、ぜひ最後までお読みください。

冒頭はアピールしたいことを簡潔に結論から書く

自己PRを書く際、冒頭の書き出しが重要なポイントになります。冒頭はアピールしたいことを簡潔に結論から書きましょう。

芸能事務所にはたくさんの応募書類が届くので、採用担当者がすべての自己PRを最後まで読むとは限りません。その中でも目に留まるように冒頭から興味を持ってもらいましょう。

採用担当者に見てもらえるよう自分が一番アピールしたいことを最初に書きましょう。

アピールポイントを後押しする具体的なエピソード

次にアピールポイントを後押しする具体的なエピソードを書きましょう。アピールポイントを裏付けることができるとその人の努力や人間性も見えてきます。

例えば歌やダンスをアピールポイントにするならいつから習っていて、今も継続しているか、コンクールや大会に出たことがあるなどの具体的なエピソードを書くことで人生を知ってもらえます。

取り組んできた期間や実際にしてきたことを含めて書くことで具体性が高まるため、詳しく書くことが大切です。

努力したポイントやそれで得た成果も書けると良い

努力したことや自分が行動したことについて書き、それで得た成果やスキルを証明できる実績も書きましょう。

学業と両立して練習やレッスンを頑張り大会に出場したなど、努力の背景やその結果達成できたことを伝えることで自分の魅力を知ってもらえます。

大会やコンクールでの優勝経験や具体的に獲得した順位なども分かるとより採用担当者にも伝わりやすいです。

その経験を踏まえて芸能界で実現したいことを伝える

今までの経験を踏まえて、芸能界で実現したいことや目標を伝えましょう。具体的にあると採用担当者も想像しやすいです。

例えば歌やダンスで培った表現力を武器にしてドラマや映画で活躍したいなど具体的に実現したいことを記入しましょう。

具体的な目標を書く際は、憧れの芸能人や目指している俳優さんの名前を一緒に挙げることで目標が見えやすくなります。

芸能事務所に所属せずに仕事を獲得するならタレントボックス!

タレントボックスは、専属契約をせずに利用できます。一般的に、芸能事務所に専属契約を交わして芸能に関連する仕事を行うケースが多いですが、タレントボックスでは契約は必要ありません。

芸能事務所に所属すると、事務所での仕事など自分がしたい仕事以外のことが増えてしまう可能性もあります。タレントボックスの場合は、短時間で登録しサービスに登録されている仕事にすぐに始められる可能性があります。

また手厚いサポート体制も整っているため、初心者で何からしたらいいかわからないという方でもお気軽に始められます。芸能関連の仕事をすぐ始めたいという方は、タレントボックスを利用してみましょう。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

成功するために必要なことをコンサル!

芸能事務所ではある一つのことが、成功するか否かの分岐点になっていることが多いです。しかし、芸能経験が浅いと成功を手放してしまうかもしれません。

タレントボックスは、その重要な要素をコンサルし成功するための方法を徹底的に伝えてくれます。個人の売れ方戦略の指導が受けられるため、芸能経験が浅くても不安に思う必要はありません。

手厚いサポート体制が整っている

タレントボックスに登録すると、手厚いサポートが受けられます。1人1人に合ったサポートが長期間で受けられるため、演劇関係の仕事に初めて挑戦する方でも安心です。

例えば、登録後無条件で30分間の売れ方講座の受講が可能です。芸能関連の仕事は多岐にわたるため、1人1人向いている分野が異なる場合もあるでしょう。タレントボックスでは、登録者の個性を見て、適した方面に進む手助けをしてくれます。

芸能事務所への契約なしで手厚いサポートが受けられるタレントボックスは、初めて芸能分野に挑戦する方でも安心して取り組めるサポート体制が充実しているため、おすすめです。

自己PRの充実した履歴書でオーディションに合格しよう

オーディションで合格する履歴書について解説しました。オーディションで合格するためには履歴書の存在も大切です。採用担当者の印象に残る自己PRを考えましょう。

また、効果的な構成を心がけることでより魅力を伝えられます。自分にしかない魅力を積極的にアピールし、オーディションに挑戦しましょう。

芸能の経験を積み自己PRにつなげられるのはタレントボックスです。芸能の仕事に挑戦してみたい方は、タレントボックスを利用してみましょう。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました