セリフの練習って何から始めたらいいの?簡単でわかりやすい練習方法についても詳しく解説

芸能人になるには

この記事は5分で読めます。

役者を目指している人で、演技力を磨くために必要な表現力やセリフの練習法を身に付け、より高いレベルのパフォーマンスを実現したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

役者の方はドラマや映画、舞台など膨大な量のセリフを覚えたり、その役になりきって感情をセリフや表情、身振り手振りにのせて表現しなければなりません。

では、役者の方は普段どのようにセリフの練習を行っているのでしょうか。気になるところではありますが、なかなか練習の様子を見る機会はありません。

そこで、本記事ではセリフの練習について解説します。効果的な練習方法やセリフの練習において大事なポイントについてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

 

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

セリフの練習ってどうやるの?

セリフの練習によっていい演技ができるかどうかが決まるといっても過言ではないくらい、セリフの練習はとても大事なものです。

では、いい演技をするためにはどのようなセリフの練習をすれば良いのでしょうか。本章では、セリフの練習方法について解説します。

まだセリフの練習を行ったことのない人やセリフを上手く表現できない人でもすぐに実践できる内容になっておりますので、ぜひ参考にしてください。

プロの演技を研究して真似してみる

セリフを上手く表現できずに思い悩むこともあるでしょう。そんなときはプロの演技を研究することをおすすめします。自分の演技と比較してみると、足りない部分に気付けたり、新たな表現方法が見つかるかも知れません。

また、自分の得意な表現、苦手な表現なども明確になり今後の役作りに反映されるので、プロの演技からヒントをもらい、演技の幅を広げていきましょう。

自分が演じる役と似たような役を演じているプロの演技を参考にするのもおすすめです。初めての演技で何から取り組めば良いのかわからない方も、まずはプロの演技を真似することから初めてみてはいかがでしょうか。

自分のセリフを録音・撮影をして見返そう

セリフの練習を行う際には、自分の声をボイスレコーダーで録音したり、動画で撮ったりして自分で見返してみることをおすすめします。

自分の声を録音することでセリフを客観的に聞くことができ、自分の演技に満足がいかないことがあった際にも録音し確認することで演技の修正ができるため、セリフの上達が見込めます。

また、自分の演技を撮影したら何度も見返すことが大事です。セリフだけでなく、表情の作り方や動きも納得のいくまで何度も見返し、練習するように心掛けましょう。

腹式呼吸などの基礎練習を行う

セリフにおいて大事なことは、発声の仕方にもあります。腹式呼吸や早口言葉など基礎練習を行うことも重要なポイントです。

ここで、腹式呼吸の練習法の順序をご紹介します。

腹式呼吸の練習法の順序

①寝転がってお腹が膨らんでいることを意識して呼吸をする

②徐々にできるようになってきたら次は、立った状態で同じように呼吸する

③喉を広げて「あー」と声を出す

④「あー」という音がクリアになってきたらきちんとした発声ができている

正しい発声ができていないと声が届かなかったり演技力が伝わらないため、発声練習を行うことで正しい発声をできるようにすることが大切です。

まずはプロのレッスンを受けることで正しい腹式呼吸を習得し、これを毎日トレーニングするように心掛けましょう。

参考:演技力を高めるために日頃からやっておくべき3つのこと

セリフのNGな練習方法4選

何度練習を行っても自分のセリフに満足がいかないことはありませんか。なぜセリフが上達しないのか、頭を抱えている人も多いと思います。

初めのうちは、セリフを読み上げたり覚えることに必死で失敗してしまう経験も少なくないでしょう。

セリフがなかなか上達しない場合には、何らかの原因があるのかもしれません。そこで本章では、セリフを練習する際のNGな練習法についていくつかご紹介します。自分のセリフの練習法と照らし合わせて改善してみてください。

台本に書かれたまま読み上げてしまう

まずNGなセリフ練習の一つに、棒読みになってしまうことが挙げられます。演技に慣れていない方はセリフを読み上げることに必死で思い通りに演技ができず、棒読みになりがちです。

棒読みになってしまうと、抑揚がなく、感情が込められていないように見てとられてしまい、見ている人が物語の世界観に入り込めなくなってしまいます。これではせっかくの物語も役柄も台無しです。

セリフを読み上げる際には句読点を区切って読まないことがポイントです。句読点は、参考にするくらいの気持ちでセリフを言うようにすると自然にセリフを読み上げることができます。

本番を想定した練習が上達の近道になります。日ごろの練習から実際に演技することを想定して取り組みましょう。

自分のセリフだけを暗記する

自分のセリフの部分だけを覚えようとしがちですが、初めての方にとっては自分のセリフだけを暗記することはあまりおすすめできません。

台本には流れがあるため、相手のセリフに反応しなければ自然な会話は成り立ちません。

そのため、自然な会話を演出するためには相手のセリフまで頭に入れることが望ましいです。自分と相手のセリフを覚えることで、演技ではなく、まるで本当に会話をしているかのような流れが出来上がります。

セリフに固執しすぎてしまうと演技が不自然に見えてしまうので、自分のセリフだけを暗記して記憶するという覚え方ではなく、会話する相手とのやりとりの流れを覚えるようにしましょう。

いきなりその役っぽく読み上げる

その役になりきって最初からその役っぽく読み上げようとすることは一見大事に思えますが、実は初めからその役っぽく読み上げることはあまりおすすめできません。

なぜなら、最初からその役のイメージをつけてしまうと役が染み込む過程が邪魔されてしまいます。そのため、最初はできるだけ役にイメージをつけないように工夫することが望ましいです。

役作りを深めていくにあたり自然と自分が演じる役に感情移入していくので、その役っぽく読み上げる必要はありません。

役の細かな解釈を最初のイメージで押さえつけないように、ここはあえて読み方は決めずにその場の流れに従えるようにしましょう。

大袈裟なほどの身振り手振りで感情を表現する

感情を表現するためには、セリフだけでなく身振り手振りで表現することも時には必要ですが、あまり大胆すぎるのもかえってよくありません。

大胆な身振り手振りはわざとらしく見えてしまうため、かえって不自然に見えてしまいます。

また、身振り手振りで表現しすぎてしまうことでそのキャラクターの気持ちが早い段階で視聴者にバレてしまう可能性もあるので、そこは避けたいところです。

オーバーリアクションになりすぎず、キャラクターのイメージに合わせて身振り手振りのバランスを保つようにすることが重要です。

セリフを練習する上で押さえておきたいポイント

初めてセリフをもらった方にとっては、セリフ練習や役づくりなど未知なことなので何をどう心掛けたら良いのかわからないと思います。

そこで、本章ではセリフの練習をする上で押さえておきたいポイントについて解説します。

ポイントを押さえておくことで、自分で練習をする際にも意識的に行えますし、ポイントを身につければより演技力に磨きがかかる内容になっていますので、ぜひ参考に実践を行ってみてください。

抑揚をつける

セリフ練習をする上で、抑揚をつけることが大事なポイントです。セリフに抑揚をつけるコツとして、以下の3つのバランスを調整することが求められます。

ポイント

  • 声を大きく、小さく
  • 音を高く、低く
  • スピードをゆっくり、速く

一つのセリフの中でこの3つのバランスを変えられると抑揚のある話し方になります。どこを強調するかによってセリフ全体としては違った意味が込められるので、抑揚を意識しながら工夫して使い分けるようにしましょう。

セリフを自分の言葉にする

書いてある文字を暗記してセリフを言うだけではただの棒読みになってしまいます。そのため、セリフを自分の言葉にして表現するように意識することも大事です。

セリフを自分の言葉にするには、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

ポイント

  • 役の感情や思考といった内面を理解する(内面)
  • 理解した内面を自分なりに表現する(表出)
  • 感じたことや考えていることをどのように表現するか(表現)

他人を演じるということは、自分の中にはない価値観や考え方、表現方法を取り入れて表現しなければなりません。演じる役を客観的視点で見ながら内面・表出・表現を意識してみてください。

語尾を意識する

言葉の語尾を意識することも大事です。言葉の最後を締める音の扱い方として語尾を意識すると、言葉の最後の微妙なニュアンスの違いによってセリフの印象も変わります。

語尾をコントロールするコツとしては、先ほども述べたように上手い人のセリフやナレーションをコピーし真似することです。

誰にどんな状況でどんな言葉を投げかけるのか、それに適したイメージを持つことで語尾がはっきりと浮かび上がってきます。イメージを持ち、言葉の一つ一つを丁寧に扱うと相手に伝わりやすいので語尾を意識するようにしましょう。

役者として活躍したいならタレントボックスがおすすめ

役者として活躍するには、まず事務所に所属することが大前提必要になります。自分で役者の仕事を見つけるのはなかなか大変ですが、事務所なら手厚くサポートしてくれるため安心です。

しかし、事務所に所属すると細かい規則に従わなければならないため思うように活動できなかったり、事務所内での競争率も激しいため、デビューまでに時間がかかってしまう可能性が高いです。

そこで本章では、タレントボックスの魅力について紹介します。事務所選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

内部リンク:演技が上手くなる方法とは?必要な要素と実践の場を得るおすすめの方法を紹介

タレントボックスに専属契約の必要なし

タレントボックスでは、芸能事務所のように専属契約を行わずに手軽に利用が可能です。登録も無料で行えて簡単な情報を入力するだけで完結します。

専属契約を交わす必要がないため、事務所の規則に縛られることなく自由に芸能活動に挑戦することができます。

さらに、登録をすると半永久的にサポートしてくれるので初めて芸能活動に挑戦する方にとっても安心の保証付きです。

芸能関係の案件にすぐに挑戦したいとお考えの方には、タレントボックスはおすすめのサービスといえるでしょう。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

プロフィール作成サポートと30分間無料で個人の売れ方戦略の特典つき

タレントボックスに登録するとお得なサービス特典が利用できます。

芸能のお仕事を掴み取るためにはオーディションで勝ち抜く必要があります。タレントボックスでは、企業側の目を惹くようなプロフィール作成のお手伝いをしています。自分を上手くアピールできるようにアドバイスをくれるので心強いです。

30分間の個人の売れ方戦略を無料で学ぶことができます。役者として成功するためには、これから自分がどのように取り組んでいけば良いのかわからない人のためにわかりやすく解説していますので利用することをおすすめします。

事務所を通さないので様々な案件が高額で紹介が可能

タレントボックスでは、芸能事務所の仲介なしで直接案件に携われるため、様々な案件から自由に選択でき、高額の案件を受けることが可能です。

また、タレントボックスが扱っている様々な案件の中から気になるものに直接応募をして取り組むことができるところも魅力です。

案件をこなす中で企業側の目に留まり、直接オファーを受けられるといったチャンスもあります。そのような場合にも、タレントボックスなら事務所を通す必要がないので直接先方とやり取りができ、スムーズに案件に取り掛かることができます。

芸能関係に直結したお仕事に挑戦でき、かつ高額な案件を取り揃えているタレントボックスを利用してみてはいかがでしょうか。

セリフの練習を通して演技力を磨いて役者としての夢を掴もう

今回は、セリフの練習方法について解説しました。これから初めてセリフに挑戦する方やセリフの上達があまり見られず思い悩んでいる方は、今回のセリフの練習方法を実践することをおすすめします。

セリフ練習のポイントとしては、腹式呼吸などの基礎的な発声練習を行うことや、抑揚や語尾に意識しながらセリフを丁寧に読み上げること、セリフを自分の言葉にして伝えることを意識すると棒読みにならず、見ている人たちに役の思いが届くようになります。

タレントボックスでは、多数の芸能関連の案件を取り揃えています。手厚いサポート体制も整えられていますので、安心して芸能活動に挑戦できます。すぐに実践経験を積みたい方は、ぜひタレントボックスに登録してみてはいかがでしょうか。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました