フリーランス芸能人一覧!独立が増える背景と新たな選択肢を解説!

芸能人になるには

この記事は5分で読めます。

最近、テレビや映画、CMなどの芸能活動において、フリーランスで活躍するタレントが増えています。「もう大手事務所に所属しなくても芸能活動を続けられるのか?」、「独立することでどんなメリットがあるのか?」など、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、フリーランス芸能人の増加背景や、個人事務所や大手事務所との違い、そして最近注目を集めている「タレントエージェント」という新しい選択肢について紹介します。また、フリーランスで活躍する芸能人の事例や、独立するメリット・デメリットなども解説します。

この記事を読むことで、フリーランスとして活躍するための情報や、独立する際の参考になる情報が得られること間違いありません。ぜひ最後までお読みください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

芸能界における「フリーランス」とは


まず芸能界におけるフリーランスとは一体何なのか、個人事務所との違いや大手芸能事務所との違いから明らかにしていきます。

フリーランスとは

芸能界においてフリーランスで活動するということは、芸能事務所に所属することなく、個人で活動しているタレントのことを指します。フリーランスは自分自身でスケジュール管理や仕事の受注、契約や報酬の交渉などを行います。自由度が高いため、自分のスタイルで活動することができます。

近年、SNSやYouTubeなどを活用して、自分自身でファンを獲得し、自己プロデュースすることができるようになってきました。また、テレビや映画以外にも、舞台やイベントなど多様な分野で活躍することが求められるようになり、フリーランスとして自由度の高い活動ができることが魅力的となっています。

個人事務所との違い

個人事務所は、芸能人が自分自身をマネジメントするために設立した「会社」のことです。個人事務所を設立した人は、自分が受けたいと思う仕事だけを選べたり、マネージャーなど人を雇えたりできます。フリーランスと同様、自由度が高いですが、事務所を持つことによって、ビジネス面でのサポートが受けられる点が異なります。

大手芸能事務所との違い

大手芸能事務所は、プロモーション・マネジメントを専門とするスタッフや設備などのサポート体制が整っています。業界内のコネクションができあがっており、事務所で営業や契約の交渉をしてくれます。そのため、自ら売り込みに行く必要はなく、人気が出ると高い報酬や待遇が期待できます。

しかし、事務所によっては一定の枠組みや守らなくてはいけないルールがあるため、自由度は低い傾向にあります。また、最初はお給料制出会ったりレッスン料など費用がかかったりすることもあるため、初期費用がかかることも想定しておく必要があるでしょう。

フリーランスで活躍する芸能人

自身の実力で所属事務所に縛られず、自由に仕事を選び、スケジュールを調整することで活躍している方々はたくさんいます。ここでは、そんなフリーランスで活躍する芸能人について紹介します。

 

 満島ひかり

満島ひかりさんは、Folder5という5人組ユニットで活躍していた後、ソロ活動に転向し、司会、グラビア、タレントなどを経て女優業に進出しました。園子温監督の映画『愛のむきだし』(2009年)で高く評価され、知名度が急上昇しました。その後も映画やドラマに多数出演し、2010年の映画『川の底からこんにちは』でヨコハマ映画祭主演女優賞とエランドール賞新人賞を受賞し、李相日監督の映画『悪人』では第34回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しました。

2018年3月にフリーランスとして活動を始め、その後も大手企業のテレビCMや映画・ドラマ、舞台などで活躍しています。

フワちゃん

フワちゃんは、2023年現在「サンデージャポン」「行列のできる相談所」など8本のレギュラー番組に出演している人気タレントです。芸人の活動を始める前はワタナベコメディスクールに通い、卒業後は、ワタナベエンターティメントに所属してコンビとして活動していました。その後、事務所から解雇されてフリーランスとして活動を始めます。

2018年頃からYouTubeチャンネルを活用した芸能活動を幅広く行っている新しいタイプの芸人です。フワちゃん自身がフリーで活動する魅力を「「こんなのやりたい!」と思ったら、すぐ実現するスピード感が最高。全部が自分次第!(中略)私はやりたいときにすぐやりたいから、フリーで良かったと思う」(引用:FREERANCE)と話しています。

中田敦彦・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)

2005年にお笑いコンビ・オリエンタルラジオとしてデビューした中田敦彦と藤森慎吾も、吉本興業を退所後はフリーランスとしてそれぞれ活動しています。2020年からYouTubeチャンネルをコンビとして解説し、1年経たないうちにフリーランスとなりました。コンビのYouTubeチャンネルの登録者数が14.8万人、中田敦彦の個人チャンネルで500万人、藤森慎吾の個人チャンネルで91.8万人の登録者がいます。このようにテレビやラジオだけでなく、活動の軸をインターネット配信において、自身の強みやアイデア、知名度を生かした活動をしています。

芸能人がフリーランス化する背景

時代の変化とともに芸能界でもフリーランスとして独立することが選択肢の一つとして浮上してきました。どうしてフリーランスという選択が増えてきたのか、その背景を掘り下げていきます。

最近では、芸能人がフリーランスとして独立する傾向が増しています。その背景には、インターネット配信の台頭により自己プロデュースして自身をプロモーションしやすくなったこと、コンテンツ産業の多様化により自分のアイデアを収益化しやすくなったこと、芸能事務所とのトラブルや不満の増加などが挙げられます。

SNSや動画配信サイトなどのインターネット配信は、芸能人が自分のファン層を獲得するために重要なツールとなっています。自分自身を宣伝し、ファンとのコミュニケーションを取ることが容易になったため、自己プロデュースができるようになりました。

また、コンテンツ産業の多様化により、芸能人は自分のアイデアを収益化しやすくなった。映画、音楽、アニメーション、舞台、本など、多種多様なコンテンツが存在するため、自分のアイデアを生かして収益を上げることができるようになっています。

一方、芸能事務所とのトラブルや不満などを背景とするフリーランス化もあります。芸能事務所との契約やマネジメントに不満を持ち、自分で活動することがメリットと感じる芸能人が増えてきています。しかし、フリーランスになることで契約交渉やスケジュール管理などの負担が増え、成功するためには自己責任が求められるデメリットもあると言えるでしょう。

フリーランスのメリット3選

フリーランスでの芸能活動のメリットは、まず、自分の得意分野や好みに合わせて仕事を選ぶことです。自分のやりたい仕事を選べるため、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。

また、自由なスケジュールで活動できるため、自分自身のライフスタイルに合わせて仕事を調整することが可能です。

さらに、フリーランスで働くことで、仕事に対する報酬がはっきりわかります。このため、大量の中抜きの心配をする必要がありません。報酬が直接自分に入ってくるため、効率的に働くことができ、自分自身の価値を正当に評価される魅力があります。

このように自分自身でスケジュール管理や契約交渉、報酬の交渉をすることに慣れている人や、自分のアイデアを実現したい人にとって、フリーランスで働くことは魅力的な選択肢となっています。

フリーランスのデメリット3選

フリーランスのデメリットには、プロデュースから交渉まで全て自分自身で行わなければならないことが挙げられます。このため、金銭トラブルや契約トラブルに巻き込まれないためにも法律や経営などに関する知識が必要とされます。

また、コネクションを作ることから始めなければならず、交渉力や営業力が求められます。自分自身でスケジュール管理や契約交渉、報酬の交渉などを行うため、フリーランスには高い自己管理能力が必要です。業界内での信用や評価を得るためには、コネクションや実績を築くことが重要となります。

タレントエージェントという新しい選択肢

芸能界の変化とともに、「タレントエージェント」はフリーランスで活躍するタレントやモデルたちにとって新しい選択肢として注目されています。

タレントエージェントというのは、芸能活動の仲介業者です。無料でコンサルティングを行ってくれ、芸能活動についての相談やアドバイスを受けることができます。また、レッスン費用も不要で、養成所に通う必要もありません。

さらに、タレントエージェントではモデルやタレントだけでなく、ライバーやコスプレイヤー案件など、さまざまなジャンルの案件を紹介してくれます。これにより、自分の得意分野や興味のある分野での活動が可能になります。

そして、タレントエージェントは芸能活動をサポートしてくれることが多いです。これは、長期的な芸能活動を目指す人にとっては非常にありがたい点です。また、芸能活動に必要な資格や知識を教えてくれたり、仕事の紹介や交渉の支援をしたりなど期待できます。

タレントで成功したい人はタレントボックスでコンサルを受けよう!

引用:タレントボックス

タレントボックスのここがすごい!
・たった1個の成功の秘訣をコンサル!
・レッスン料一切なし!

・最短二日でプロデビュー!
・手厚いサポート!
・豊富な案件!

レッスン料完全無料でコンサルを受け、あなたも芸能界で羽ばたきませんか?

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

成功するために必要なことをコンサル!

芸能事務所ではある一つのことが、成功するか否かの分岐点になっていることが多いです。
その重要な要素をコンサル!、成功のための方法を徹底的にお伝えします!!

レッスン料一切なし!

芸能事務所や芸能養成所のように高いレッスン料がかからず拘束時間も長くない為、金銭的の問題に悩まされることがなく芸能活動に専念できます。

最短二日でプロデビュー!

普通ならレッスンに何年か通った後オーデイションを受け、合格しないとデビューはできません。

しかし、タレントボックスならエキストラなどから現場に入ることができるため、最短二日でプロデビューができます。今すぐにでも芸能人デビューしたい人はぜひタレントボックスへ!

手厚いサポート!

タレントボックスの特徴は手厚いサポートをしてくれるところです。
タレントエージェントはあっさりした関係だと思われがちですが、タレントボックスなら手厚いサポートを受けることができます!
もし芸能界に挑戦したいが今後が不安な方にぜひおすすめです!

豊富な案件!

・某有名下着CM ¥150,000
・格映像学校のプロモーション映像出演ダンサー募集 ¥130,000
・大学PR動画出演者 ¥10,000
・ビールのCM ¥7,000
・某ミュージックビデオ出演者 ¥25,000
このように幅広い案件があります!

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

まとめ

近年インターネットの普及によって、芸能界でも、自らプロデュースした作品を発信したり、自身のSNSを活用して仕事を受注したり、ということがやりやすくなっています。芸能の仕事の幅が広がり、自分自身のアイデアや発想力でさまざまなプロモーションがしやすくなったためです。

その流れの中で、フリーランスでもマネジメントや仕事の受注をサポートしてくれるタレントエージェントという新しい選択肢が登場してきています。タレントエージェントは、無料でコンサルティングやレッスンを提供し、モデルやタレントだけでなく、ライバーやコスプレイヤーなどの案件も豊富に紹介してくれるという特徴があります。

このように、フリーランスで活躍するためには自己プロデュース能力や自己管理能力が必要ですが、サポートを受けることで、さらにより充実した芸能活動が可能になっています。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました