ママタレントのオーディション前にすべきことと合格する秘訣を紹介!

芸能人になるには

ここ20~30年の間にママタレントが人気を博するようになりました。それ以前の日本の芸能界では、結婚して子供を生んだ女性芸能人は家庭に入るのが一般的でした。

しかし、ママタレントが市民権を得てからは、ママである自分をアピールし、女性を中心にした層の支持を受けています。独身時代はパッとしなかった女性芸能人が、ママタレントになってから脚光を浴びるようになった例も多いです。

元芸能人だった女性がママタレントになるのが当たり前になった現在は、一般人だった女性がママタレントデビューして話題を集めています。女性の憧れの的であるママタレントになるには、どんな手順を踏んだらよいのでしょうか?一般人がママタレントになる方法について解説します。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

ママタレントとは?

ママタレントというのは、家庭と子供を持ち、さらに芸能活動を行っている女性芸能人を表す言葉です。ママタレと略称で呼ばれることが多いママタレントが脚光を浴び始めてから、結婚を機に芸能活動から退いた元アイドル・タレントがママタレントとして活動を再開するようになりました

そこで空前のママタレントブームとも言える社会現象になったのです。そして現在注目を集めているのは、元アイドル・タレントのママタレントではなく、元一般人のママタレントで、ママタレントを目指す一般人が増え続けています。

ママタレントのオーディションを受ける前にすべきこと

ママタレントとしての活動を始める近道は、ママタレントのオーディションを受けて芸能人になることです。ママタレントのオーディションに申し込む女性が増えている現在、なんの準備もなくオーディションを受けても合格するのは難しくなりました

この章では、ママタレントのオーディションの前に備えるべきことを解説します。

受けられるオーディションを探す

準備段階でまずするべきなのは、自分の条件に合ったオーディションを探すことです。
ママタレントのオーディションは様々なメディアで実施していますが、それぞれ年齢制限などの条件があるため、その条件に適合していなければ受けることができません

テレビ局・ミセス雑誌・芸能事務所などが募集しているオーディションを探しましょう。水着モデルのように容姿とスタイルのよさを第一に要求されることは少ないのですが、求められる条件はそれぞれ異なるので、事前のチェックが必要です。

アピールポイントを作る

オーディションを受ける前におさえておくべきなのは、自分のアピールポイントです。
ママタレントに起用されるのは、ファンに支持されるような魅力を持った女性なので、それがない女性は当然オーディションを突破することができません

家族や友人に、自分のどんなところがよいと感じるのかを確認し、指摘されたポイントをアピールポイントにしてみましょう。アピールポイントがない場合は新たにアピールポイントを作るだけではなく、それを上手に表現する手段も身に付けることが大切です。

自分に合っていて受かるオーディションに応募する

オーディションの下調べと自分の準備が整ったら、自分の持つ個性やアピールポイントに合っていて、合格する可能性が高いオーディションに応募しましょう。ママタレントの仕事には、複数のジャンルがあります。

ママタレントになることだけを目的にして、活動分野を決めずにオーディションを受けることはおすすめできません。ママタレントになったとき、どのジャンルでどんな活動をしたいのか、といった自分の希望を確認した上で応募しましょう。

ママタレントのオーディションに合格するコツ

ママタレントのオーディションに挑み、合格を勝ち取るためには、審査員に認められる必要があります。審査員に気に入られるにはいくつかのコツがあり、オーディション合格を経て成功したママタレント達や彼女達を審査した芸能関係者が、ネットなどでコツを紹介しています。それをチェックし、オーディション合格の第一歩にしましょう。

プロフィール写真は自然に撮る

芸能界の他の仕事と同様に、ママタレントのオーディションは基本的に書類審査から始まります。書類審査で重視されるのはプロフィール写真なので、第一関門を突破するためにも自分でベストと思える写真を用意しましょう。

ママタレントとしてよい印象を与えやすい写真の特徴は、以下の3つです。
・自然な笑顔
・優しいママぶりが想像できるやわらかな雰囲気
・清潔感
この3つを兼ね備えた写真を撮るときは、自撮りよりも家族・友人に頼むことを推奨します。

親しい人と会話を交わしながら撮影すれば、自然でやわらかい雰囲気の写真になるからです。スタジオでプロに撮影してもらうのもよいのですが、自然な写真なら家族や友人に撮ってもらう方がよい写真になる可能性が高いです。

SNSで情報を発信する

ママタレントを目指すなら、SNSで頻繁に情報発信するのも効果的です。近年活躍しているママタレントの多くは、自身のSNSから人気を得ているからです。ツイッター・インスタグラム・YouTube・TicTocなど、広い世代が利用しているSNSで自分をアピールしてみましょう。

子供達との生活をエンジョイしている姿、子供達と過ごす時間を大切にしている姿を発信したり、料理やお菓子作りなど、得意な家事を紹介すると話題を集めやすいです。「自分にこれといったアピールポイントがない」と感じている人は、フォロワーが多いママのSNSを見て研究しましょう。

服装を意識する

書類審査に合格した後は二次審査=オーディションです。オーディションに出場するときの服装も、重要なアピールポイントになります。ファッション性の高いブランド服よりも、一般家庭の主婦が気軽に着られるプチプライスの服の方が、審査員の好感を受ける可能性が高いです。

普段着ではなく、ちょっとしたお出かけに着る服を着こなしている姿を審査員に見せましょう。露出をおさえた、清潔感のある服装なら申し分ありません。オーディションの募集要項を熟読し、清楚な印象がよいのか、アクティブな雰囲気を出した方がよいのかを確認した上で服装を選んで臨みましょう。

ママタレントの仕事内容

ママタレントの仕事は複数ありますが、大きく分けると3種類です。

ママタレントのオーディションを受ける前に確認しておきたいのは、次の2つです。
・自分がどの仕事をしたいのか
・自分の適性に合っているのはどの仕事なのか
この2つを念頭に入れた上で、これから紹介するママタレントの3種類の仕事を見てみましょう。

商品のモデル

子育て中のママ向け商品のモデルは、多くのママタレントの活躍の場になっています。

ママ向けの商品の代表的なものを見てみましょう。
・マタニティ商品
・子供向け商品
・キッチン用品
この3つは提供される仕事の量も多く、同年代のママの目にも触れやすいという大きなメリットがあります。マタニティ商品のモデルは実際に妊娠している女性が採用されることが多いですが、子供向けの商品やキッチン用品は年齢層や条件が広くなるので、採用される期待大です。

雑誌

ママ向けに発行されている雑誌でも、ママタレントの需要が高まっています。読者モデルとして採用されてから人気に火がついたママタレントも多いので、ママタレント志望者の注目度も高い職業です。

雑誌モデルはママ向けの雑誌だけではなく、料理系の雑誌やファッション系の雑誌でも仕事があります。ミセス雑誌でモデルを募集していることが多いので、購読しているミセス雑誌だけではなく、他のミセス雑誌もチェックするようにしましょう

SNS

自分のSNSでアピールするのも大事ですが、ママタレントの仕事にもSNS活動があります。近年はSNSで企業とコラボするインフルエンサーが増えているので、SNSは企業にとっても重要なツールになっているからです。

企業の商品を口コミでPRして有名になったことがきっかけでママタレントになった人もいるので、企業側もママタレントを企業の宣伝に起用するようになりました。普段からSNSでお気に入りの商品を紹介している人は、その点をアピールすると仕事獲得につながる確率が高いです。

ママタレントになる2つの方法

家庭では優しいママ、タレントとしては同世代の女性の憧れとなり得るママタレントになるには2つの方法があります。1つは芸能事務所に所属すること、もう1つはタレントエージェントに登録することです。芸能事務所とタレントエージェントは異なる特質を持っています。芸能事務所とタレントエージェントの特徴を理解し、自分に合った方法でママタレント活動を始めましょう。

芸能事務所

日本で活動している芸能人の大半は芸能事務所に所属しています。芸能人の仕事をマネジメントするのが大きな特徴です。
メリットとデメリットを見てみましょう。
メリット
・仕事の獲得・契約・報酬の管理・スケジュール管理をしてもらえる
・トラブル発生時の対応を任せられる
デメリット
・報酬を芸能事務所と分け合うので自分の取り分が減る
・活動やスケジュールの自由度に制限がある

芸能事務所のデメリットとして最近指摘されているのは、所属する芸能人に回す仕事が少ないことです。芸能活動を始めたばかりの芸能人にとって、マネジメントなどの代行をしてもらえるのは非常に大きなメリットです。しかし、仕事の少なさや活動の自由が制限されることに反発する芸能人も少なくありません。

タレントエージェント

近年芸能人の間で人気が上昇しているのはタレントエージェントです。海外では芸能活動にエージェントを利用する芸能人が主体ですが、日本国内でタレントエージェントを用いている芸能人はまだ多いとは言えません。

メリット
・仕事とスケジュールの自由度が高い
・芸能事務所所属よりもギャラの取り分が多い
・他の芸能事務所に所属したまま登録できる
・仕事が芸能事務所より多い
デメリット
・マネジメント業務をすることがある

タレントエージェントは近年増加し、デメリットであるマネジメント業務もフォローしてくれるエージェントもあります。メリットが大きく、デメリットが減ったことで、タレントエージェントに切り替える芸能人が増えてきました。

芸能事務所とタレントエージェントの違い

近年人気が高まっているタレントエージェントは、タレントボックスです。芸能事務所とタレントボックスの違いを解説します。芸能事務所は、所属する芸能人がレッスンに参加することを求めます。芸能事務所のサポートを受ける条件の1つがレッスンなので、芸能人はそれを拒否できません。

しかし、そのレッスン料が高額のため、芸能の仕事だけではやっていけない芸能人が多いです。
それに対して、タレントボックスにはレッスンがなく気軽にママタレになることができます。

現在は登録時に以下の特典が無料で提供されています。
・プロフィール作成
・個人の売れ方戦略講座(30分)
他の事務所に所属しながら登録でき、芸能初心者でも安心できるのは、タレントボックスの大きな魅力です。

ママタレントを目指したい人はタレントボックスがおすすめ!

引用:タレントボックス

タレントボックスのここがすごい!
・たった1個の成功の秘訣をコンサル!
・レッスン料一切なし!
・最短二日でプロデビュー!
・手厚いサポート!
・豊富な案件!
レッスン料完全無料でコンサルを受け、あなたも芸能界で羽ばたきませんか?

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

成功するために必要なことをコンサル!

芸能事務所ではある一つのことが、成功するか否かの分岐点になっていることが多いです。
その重要な要素をコンサル!、成功のための方法を徹底的にお伝えします!!

レッスン料一切なし!

芸能事務所や芸能養成所のように高いレッスン料がかからず拘束時間も長くない為、金銭的の問題に悩まされることがなく芸能活動に専念できます。

最短二日でプロデビュー!

普通ならレッスンに何年か通った後オーデイションを受け、合格しないとデビューはできません。

しかし、タレントボックスならエキストラなどから現場に入ることができるため、最短二日でプロデビューができます。今すぐにでも芸能人デビューしたい人はぜひタレントボックスへ!

手厚いサポート!

タレントボックスの特徴は手厚いサポートをしてくれるところです。
タレントエージェントはあっさりした関係だと思われがちですが、タレントボックスなら手厚いサポートを受けることができます!
もし芸能界に挑戦したいが今後が不安な方にぜひおすすめです!

豊富な案件!

・某有名下着CM ¥150,000
・格映像学校のプロモーション映像出演ダンサー募集 ¥130,000
・大学PR動画出演者 ¥10,000
・ビールのCM ¥7,000
・某ミュージックビデオ出演者 ¥25,000
このように幅広い案件があります!

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

まとめ

ママタレントのオーディションに合格するのは必須ですが、オーディションはゴールではなく通過点です。人気を得るためには、多くの仕事をこなさなければなりません。タレントボックスでは芸能事務所よりも提供する仕事の量が多いので、予想より早くママタレントとしての知名度を上昇させることができます。ママタレントとして活躍したい人は、タレントボックスに所属することをおすすめします。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました