役作りで大変な増量や減量する方法について徹底解説!

芸能人になるには

この記事は5分で読めます。

「役作りで自分の体型を変えたい」、「役作りで身体的な面でも雰囲気を変えたい」と思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に、一般的な青年を演じた俳優が、次の映画で怠惰な青年を演じることとなり、食事量を増やして太るようにしたといった事例も数多く存在します。また、逆に食事量を減らして減量に挑戦していることもよく耳にするかと思います。人によっては、役作りで、歯を抜くといった痛みを伴うことをしている方もいます。このように、役作りのために、さまざまな方法がとられているのです。

そこで本記事では、役作りで太る、減量する、歯を抜く方法について解説していきます。「役作りで自分の体型を変えたい」、「役作りで身体的な面でも雰囲気を変えたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

役作りで太る方法とは?

役作りで太るにはどうしたらよいでしょうか。

役作りで太ることのメリットとして、体格が良くなるので演技が堂々としているように見えたり、観客から「役に合わせて太るのは難しいのにすごい」と称賛されたりすることが挙げられます。

それでも太るのは簡単なことではありません。詳しく役作りで太る方法を紹介していきます。

役作りで太る方法➀食事摂取の増量をする

役作りで太る方法として、食事摂取の増量をすることが挙げられます。皆さんのなかにもこの方法を思いついた方が多いと思いますが、詳しく解説します。

まず、役作りで太るには1日3食以上食べることを心掛けましょう。朝食、昼食、夕食だけでなく、間食を挟むことを意識するとよいです。例えば、昼食の後にお菓子を食べる時間を設けている人が多いと思います。同じように、朝食が終わった後、夕食後もお菓子の時間を設けるのです。

空腹の時間をあまり作らないことで、役作りで太ることができます。俳優によっては、空腹だと感じたら、お菓子やパンを食べるといった習慣をつけて、空腹になるのを抑えていた方もいるようです。

役作りで太るには、食後にあまり動かないのも重要です。食後に運動をすると消費カロリーが多くなってしまうので、せっかくたくさん食べても太りづらくなってしまいます。食事後は必ず寝るという習慣をつけている俳優もいらっしゃるようです。

役作りで太る方法②カロリーの高いものを摂取する

役作りで太るには、カロリーの高いものを摂取することも重要です。

例えば、パンやケーキなどの小麦が使われているものをたくさん食べるとよいでしょう。小麦が使われているもの以外にも、太りやすいものはあるので、自分にあった食品を選ぶことが大切です。小麦アレルギーなど、自分の持っているアレルギーにも注意しながら食品を選んでいきましょう。

役作りで太るには、飲み物はなるべくプロテインにするとよいです。プロテインは、筋肉量を増やしたいと思っている方が使われているイメージかもしれません。しかし、太る場合にも有効です。味が独特なものが多いので、自分にあったものを探すようにしましょう。

役作りで太るには、脂の多いジャンクフードを食べる事もよいでしょう。ジャンクフードだと食べやすく、効果が出やすいと思います。塩分が多く含まれているので、気を付けましょう。

役作りで太る方法③太ることによるデメリットとは?

役作りで太ることによるデメリットの1つとして、血糖値の上がりすぎで糖尿病になってしまうことが挙げられます。

他にも、役作りで太ることで、食後に運動をしないことで炎症が起こり、逆流性食道炎になってしまったり、高カロリーの食事を続けると痛風になってしまったりします。

こういったことに、できる限り気を付けながら役作りをしていきましょう。

役作りで減量する方法とは?

役作りで減量をしたいと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。俳優でも、以前は役作りの為に太ることに力をいれていたのに、減量してとても痩せた青年の役をやっていることは良くありますよね。

減量するにもさまざまな方法が挙げられますので紹介していきます。

役作りの減量方法➀食事制限をする

役作りで減量するには、食事制限をすることが重要です。

役作りで減量するために、まずは間食を控えるようにしましょう。俳優によっては、元々1日3食で習慣づけていたのを、1日2食にして間食を控えるようにしていました。それはなかなか難しいという方だと、1日3食はそのままで、お菓子の時間を無くすといった方法をとっているようです。

役作りで減量するには、ケーキやチョコレートなどの炭水化物や脂質が多いものを摂取しないことも重要です。ケーキは小麦だけでなく、ホイップクリームなどの脂が含まれていますし、チョコレートもカロリーが高いものです。

役作りで減量するのに注意するべきは、身体の構造上、朝はカロリーが消費されやすいため、朝食は抜かない方が良いということです。朝ごはんを抜いて、昼と夜だけといった形にするよりは、朝は食べて昼か夜は抜くほうが、効率が良いとされています。

役作りの減量方法②毎日、運動を心掛ける

役作りで減量するには、毎日運動を心掛けることが大切です。

まず、役作りで減量するには、ジョギング20分から30分を1日に1回以上やることから始めてみましょう。走るのが得意でないのであれば、歩いてみるところからでも問題ありません。毎日続けることが重要なのです。

役作りで減量するには、水泳を始めることも重要です。特にクロールやバタフライは身体に負荷がかかりやすいのでおすすめです。どちらも足だけでなく、腕を動かす動作が多いからです。

役作りで減量するには、筋トレを毎日続ける。家の近くにジムがない方もいるかもしれません。そうであれば、ダンベルやスクワットなどジム以外でできるものもあるので、試してみましょう。また、少し遠くのジムに歩いていくことで、ジョギングもできて良い場合もあります。

役作りの減量方法③減量によるデメリットとは?

役作りで減量するとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

まず、減量するデメリットとして、食事制限をすると、栄養が足りなくなり体調を崩してしまうことがあります。栄養失調になるのはつらいですよね。

続いての減量するデメリットとして運動で突然負荷がかかってしまうため、ケガをしたり、身体を痛めてしまうことがあります。

また、デメリットとして、長時間運動をすると、かえって筋力が低下してしまい、筋肉量の低下で痩せにくくなってしまうのです。

役作りで歯を抜く時は?

役作りで歯を抜くことを考えている人もいるかと思います。有名な俳優でも、若い時に歯を抜いたという発言をしているのを目にする機会があるのではないでしょうか。

実際に役作りで歯を抜くのは、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。紹介していきます。

役作りで歯を抜く➀自身の役に合わせたいとき

役作りで歯を抜くのは、特定のキャラクターにリアリティを出すためだという場合が多いです。例えば、薬物によって歯が溶けてしまったチンピラという設定や、虫歯になっても歯医者に行けないホームレスの設定の場合、歯を抜くことでリアリティが増します。

滑舌も悪くなるので、設定にどうしても合わせたい場合は、そうした役を演じる際にもってこいです。俳優によっては、「歯を抜くのはためらったが、自分の人生が変わる作品だと感じたからやってみた」など、重要な場面で行うことが多いようです。

役作りで歯を抜く②歯科医の指導をしっかり聞く

役作りで歯を抜くのは、デメリットがあり歯医者の話を良く聞くことが重要です。そもそも健全な歯を抜くのは身体が悪くなってしまう恐れがあります。

しかし、役作りで歯を抜くことによって、自分の役に自信が持てるようになり、ストレス軽減につながるのであれば、歯科医も同意する人が多いです。精神面でも支えになるのであればと思う方が多いと分かりますね。

もちろん、歯を抜くのは大変なことなので歯科医の言うことをよく聞いて歯を抜いていきましょう。

なお、現代では、CG加工出来るので歯を抜く必要はあまりないとされています。

急激な身体の変化はストレスの原因になる!

役作りで、急激な身体の変化がストレスの原因になってしまい、降板せざるを得ないこともあります。太るのも、減量するのも、歯を抜くのもほどほどにした方が良いとされています。

ストレスのせいで、降板をしなければならないというのは辛いことだと思います。詳しく解説していきます。

太る・減量がストレスになる

役作りで太る、減量することはかなりのストレスになります。減量の場合は、低血糖でイライラしてしまいます。皆さんの中にも「甘いものが食べたい」ということがあると思いますが、それが常に続いているのはストレスです。太る場合も、塩分の取りすぎで糖尿病になる恐れがあります。

アメリカの女優で太った後に、減量に苦しんでしまったことがある人がいます。太る際に、1日3食から少し増やしていたのが習慣になってしまったためです。また、食べることが自分に重要であると勘違いをして、なかなか食べるのをやめられないといったこともあります。

これらの対処には、周囲の心身のサポートが必要です。習慣をつけてあげたり、少し注意をしてくれるストッパーがいるとよいのです。

ストレスを抱えるくらいなら演技力で勝負しよう

肉体的な変化でストレスを抱えるくらいなら、演技力で勝負したほうが良いです。しかし、なかなか演技力を上げていくのは難しいですよね。

演技力を上げるためには、集中力をつけたり、演技にバリエーションを持たせるのが重要です。脚本理解が必要となるため、演技の実践的な経験を積んでいくことが重要になります。

タレントボックスで演技の実践をしていこう

実践的な演技を積んでいくためにはどうしたらよいでしょうか。今回、実践的な演技をするために、タレントボックスを使うことをお勧めさせていただきます。

内部リンク:演技が上手くなる方法とは?必要な要素と実践の場を得るおすすめの方法を紹介

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

タレントボックスならたくさんの案件がある

タレントボックスは、演技以外のさまざまな案件が用意されており、使っているのは俳優に留まりません。タレントボックスなら、キャスティング案件は月間500件以上という多くの案件があります。

500件以上の中から、自分の好きな案件に応募できるので、時間の無駄なく演技の実践ができるのです。また、演技以外のことにも少し興味がある場合にも、応募できるので自分の活動の幅を広げるチャンスにもなります。

タレントボックスは登録タレント7500名以上いるほどの信用されたサイトであり、皆さんにおすすめできます。

タレントボックスには誰でも登録できる!

タレントボックスでは、地方に住んでいる方向けに上京支援があります。演技のものがあるのは、やはり都会のほうが良いと言えます。地方でも参加できるのはいいですよね。

タレントボックスでは、他の事務所に入っていても問題なく利用できるので、どんどん活用していきましょう。また、演技に全然挑戦したことがない方にも、30分の無料カウンセリングがあるので、無理なく、演技に挑戦できます。

役作りで肉体的な無理をしないようにしよう

今回は、役作りの太る、減量する、歯を抜くことについて解説してきました。

太る場合には、間食を増やすことが挙げられたり、デメリットとして糖尿病のリスクが挙げられます。

減量では、間食を減らすことや運動をすることで減らすことができると紹介しました。デメリットとして、栄養失調などが挙げられます。

歯を抜くのは、なかなか勇気がいることですが、役に入り込むために行う俳優もいらっしゃいます。それでもやはり、デメリットは避けられません。

肉体的な変化は、無理をせずに行い、自分の演技力に磨きをかけていくことが近道と言えます。タレントボックスなどのサイトを上手く使っていくことで、自分の演技力に磨きをかけていきましょう。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました