演技で泣く方法を身に着ける!トレーニング方法や学習の場所を解説します

芸能事情

舞台やテレビドラマなど、演劇俳優の分野で活躍したいと考えている方の中には、演技中に泣く方法に苦労されているケースも多いのではないでしょうか。演技中に泣くのは、思い通りにいかない難しい演技と感じている方も多いでしょう。

演技中に泣く方法としては、一朝一夕でできるものではありません。日常生活における過ごし方や考え方を変えたり、適切なトレーニングを行ったりする必要があります。

今回の記事では、演技中に上手に泣く方法について解説をします。普段の過ごし方や役に望む際の取り組み方及びトレーニング方法などについても紹介します。演技を学ぶおすすめの場所や仕事につながるおすすめのサービスについても紹介するので、これから演劇の世界で活躍しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

演技で泣く方法とは?まずは心の持ち様を考えよう

演技中に泣く方法に苦労している方は、まずは普段からの心の持ち様について考えてみると良いでしょう。泣く演技をするという意識よりは、自然に涙が出るような感情のコントロールができると良いです。

人としての感受性を豊かにして、心から涙があふれ出てくるような状態に持っていきましょう。演技で泣くために心がけたい点を紹介しますので参考にしてください。

演技で泣くのでなく自然に流れる涙が理想的

演技で泣くという感覚ではなく、感情が高ぶって自然に流れ出てくる涙が理想的であると考えるべきです。泣く方法を考えるというよりは、感情のコントロール自体が大切になります。

演技の本質とは、嘘がない心のまま演じる状態が理想的です。用意されたセリフ通りの言葉を出し、場面によって「泣こう」「怒ろう」といった演技を頭で考えながら行っているのでは、観客に感銘を与えられない場合が多いでしょう。

涙が出ればいいというものではなく、感情とつながっている演技ができるのが望ましいです。悲しいから泣く、感動したりうれしくなったりして泣く、といった感情の起伏と連動した涙が出せると良いです。

感受性の高い揺れ動く心を持つ

演技中に泣けるようになるには、感受性の高い揺れ動く心を持つのがおすすめです。演技がうまい人は、感情の起伏を隠さずそのまま発揮できる人が多いです。

社会生活においては、感情をあらわにしない方が生活しやすいと考えるのが一般的です。しかし、演劇に携わる人にとっては感情の起伏は一種の武器となります。楽しい・うれしいといったプラスだけでなく、悲しい・苦しいといったマイナスの感情も必要といえるでしょう。

普段の生活で起こる感情の起伏を受け止め、感受性豊かに過ごすことが、演技にも生かされます。普段から感受性豊かな心を持つように心がけると良いでしょう。

役の想いを自分に置き換えて考える

演技中は、演じている役の想いを感じ取り、自分に置き換えて考えると良いでしょう。役を演じるのではなく、役そのものに自分がなりきる感覚で演じるのが理想的です。

役の想いを感じ取り、自分のこととして置き換えるのは、ただ台本を読んでいるだけでは難しいでしょう。演じる役が感じている事や考えている事を、他人事で理解しても、自分事として考えられません。

さらに踏み込んで、演じる役柄を自分に落とし込みましょう。場合によっては、感情の移入に加えてしゃべり方や外見を似せるよう工夫するのも効果的です。自分が役そのものと感じられるようになるまで、感情移入を図りましょう。

演技で泣く方法を身に着けるためにおすすめのトレーニングを紹介

演技中に泣くために、普段から心の持ち様を変える点や役に自身を落とし込む重要性についての紹介をしました。以上の取り組みにより、より感情がこもった演技ができるようになるでしょう。

さらに、演技中に泣くためのトレーニングを意識的に行うことにより、自然に泣けるようになります。感情をコントロールする能力を高めて、自然な泣き演技を身につけましょう。

演技中に泣く方法を身に着けるためのトレーニング方法について紹介します。いずれもご自身で手軽に取り組める内容ですので、普段から取り組んでみてはいかがでしょうか。

声に出して泣いてみる

まずは、声に出して泣いてみましょう。普段の社会生活で、声を出しながら泣く機会は少ないのではないでしょうか。自然に感情を抑える習慣が身についてしまっています。声を発しながら泣くことにより、感情を抑えず逆に発出する感覚を身に着けられるでしょう。

悲しい出来事に対して思い切り声を上げて泣く動作を繰り返すことにより、感情と行動がリンクします。無意識のうちに抑えている感情を、表現の形で外に出す訓練につながるでしょう。

多少大げさでも、悲しい事柄を思い浮かべながら思いっきり泣いてみるのは、演技で泣く方法を身に着けるうえで効果的です。

日々感じることに敏感になる

毎日の生活の中で、心で感じる事柄に敏感になる意識を持ちましょう。周りに起こる出来事に対して常にアンテナを張り、鋭敏に感じ取るような意識で日々を過ごします。

周囲にアンテナを張り敏感になることにより、感情を表現する源泉となりえます。小さな子供のように、周りで起こる出来事に感情の赴くままに感情を表出するよう意識的に取り組んでみましょう。

感情的な状態で日々を過ごすのは、周りの目もあり難しい側面もあります。場面に応じて自身の感情コントロールの仕方を変えながら、上手に過ごすのも必要になるかもしれません。周囲の出来事に鋭敏になる時間を、日常生活の中で少しでも多く取り入れていきましょう。

演技で泣く方法の習得におすすめの場所

演技中に泣く方法を習得するためには、普段からの気持ちの持ち方が重要である点や、積極的にトレーニングをする必要がある点などを紹介してきました。

その上で、演技の中で泣く経験を積むために実践の機会を多く持つと良いでしょう。演技の訓練をする環境に、積極的に身を置いていく必要があります。

演技の勉強をするためにおすすめの場所を紹介します。自分に合った訓練の場所を見つけて、実践に取り組みましょう。

芸能スクール・養成所

芸能事務所直営の養成所や、企業や学校法人が運営する芸能スクールで演劇のトレーニングが受けられます。体系的なレッスンが受けられて、他の参加者の演技を参考にできるため、効果的な学習機会が得られるでしょう。

また、芸能事務所が直営する養成所などはプロダクション業務を兼ねているケースもあり、早い段階で俳優として活躍できるチャンスに恵まれるかもしれません。

芸能スクールや養成所に所属するためにはオーディションに合格する必要があるケースが多いため、誰でも参加できるとは限りません。また、入会金や月謝など費用面の負担が大きくなる可能性も考慮しておきましょう。

劇団

劇団は、舞台などで演劇を披露する団体です。劇団に所属して、レッスンを受けながら実際の舞台に登壇して演技の経験を積めます。

大規模な劇団の場合は、劇団自体がスクールや養成所を経営しているケースもあります。大きな劇団に入団するのは、一定以上のスキルが必要となるなど、簡単でないケースが多いです。

一方、小規模な劇団の場合は比較的入団がしやすく、実際に舞台に立てる機会が多い場合もあるでしょう。自身の経験やスキルを考慮しながら、適切な劇団を探して相談してみると良いでしょう。

ワークショップ

ワークショップは、演技に関する単発のレッスンで、「演技体験講座」と位置づけられるケースが多いです。単発もしくは一定回数で実施されるケースが多く、一定のテーマに沿って実施されるテーマに沿って実施されるのが一般的です。

演技講師の方以外に、映画監督や演出家などが主催するワークショップもあるなど、その内容は多岐にわたります。演劇のプロの現場を体験できたり、オーディションを兼ねている場合があったりと、様々な可能性があります。

応募方法や費用も様々なものがあるため、情報を集めて自身に合った内容のワークショップを選択すると良いでしょう。

演技で泣く方法を仕事に活かすならタレントボックスがおすすめ

ここまで、演技中に泣く方法を習得するための方法や訓練に適した場所を紹介してきました。積み上げたトレーに具の成果を発揮し、仕事に直結させたいと考える場合は、タレントボックスの利用がおすすめです。

タレントボックスの利用により、演劇の分野に関連する仕事に最短距離でたどり着ける可能性が広がります。タレントボックスを利用する利点について紹介します。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

専属契約なしで利用できる

タレントボックスは、専属契約をせずに利用できます。一般的に、芸能事務所に専属契約を交わして演劇に関連する仕事に携わるケースが多いですが、タレントボックスでは契約は必要ありません。

芸能事務所に所属すると、事務所での仕事など演劇以外のしがらみが増えてしまう可能性もあります。タレントボックスの場合は、短時間で登録しサービスに登録されている仕事にすぐに携われる可能性があります。

あらゆるしがらみに囚われず、演劇関連の仕事にすぐに携わりたい方には、タレントボックスの利用が向いているといえるでしょう。

事務所を通さず様々な高額案件の紹介が受けられる

タレントボックスに登録すると、事務所を介さずに様々な高額案件の紹介が受けられる可能性があります。芸能事務所を介する場合は、実際に仕事で得られる報酬の一部を事務所側の収入とされるのが一般的です。

一方、タレントボックスで取り扱った仕事は、事務所を介さないためすべて自身の収入となります。登録されている仕事の内容にもよりますが、すぐに高額案件に携われる可能性があります。

場合によっては、企業からのオファーをもらえるかもしれません。タレントボックスの利用により、演劇関係の仕事にすぐに取り組めて、高い報酬を得られる可能性が広がるでしょう。

手厚いサポート体制が充実している

タレントボックスに登録すると、手厚いサポートが受けられます。1人1人に合ったサポートが長期間で受けられるため、演劇関係の仕事に初めて挑戦する方でも安心です。

例えば、登録後無条件で30分間の売れ方講座の受講が可能です。芸能関連の仕事は多岐にわたるため、1人1人向いている分野が異なる場合もあるでしょう。タレントボックスでは、登録者の個性を見て、適した方面に進む手助けをしてくれます。

芸能事務所への契約なしで手厚いサポートが受けられるタレントボックスは、初めて芸能分野に挑戦する方でも安心して取り組めるサポート体制が充実しているため、おすすめです。

演技で泣く方法を身に着けよう

俳優など演劇の分野を目指す方の中には、演技中に泣く方法が分からず困っているケースも多いかもしれません。まずは、普段から感受性豊かに過ごせるような心の持ち方を身に着けるのが良いでしょう。

その上で、声に出して泣くなど意識的にトレーニングを積んでいきます。周りの出来事に常にアンテナを張り、周囲から受ける出来事に対して素直に感情の変化を感じましょう。

自身でのトレーニングを積んだ後は、実践できる場面に身を置く必要があります。養成所やスクールおよび劇団などに参加し、実践の機会を作るのが良いでしょう。

演技の実践の場面をすぐに得たい場合は、タレントボックスの利用がおすすめです。芸能事務所との専属契約などを行わず、簡単な登録ですぐに芸能関係の仕事に携われる可能性が広がります。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました