演技をうまく見せるコツとは?舞台上での注意点や下手に見える場合の改善点を解説

芸能人になるには

この記事は5分で読めます。

「芸能関係で活躍したい!」、「演技がうまくなりたい!」と思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

最近では、インターネットの発達で、配信限定ドラマや作品が多く作られるようになり、テレビドラマのフィールド以外で活躍し、有名になる人も増えています。SNSの発達で、テレビ以外の活動でもスポットライトが当たり、ファンを獲得することもできるようになっています。

激戦を勝ち抜き、芸能関係で活躍するためには、やはり演技が上手い人になるのが近道です。

そこで、本記事では「演技を上手く見せるコツ」を紹介していきます。

どの分野の演技に関わらず、使えるコツとなっていますのでぜひ「芸能関係で、演技で活躍したい」と思っている人は参考にしてみてください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

演技をするコツとは?普段からの心がけが大切

まず、基礎的なところから確認していきます。そもそも演技をするのに必要なコツとはなんでしょうか。思いつく人もいれば、あんまり意識していなかった人もいるかもしれません。

また、普段からの心掛けもコツとして大事になってきます。普段から意識して、演技をするコツをシッカリ学び、実践していきましょう。

感情と動作をつなげて表現する

演技で自然だなと思うときはどんなときでしょうか。ドラマを見ていても、「すごく演技が不自然だな」と思う演技が見受けられると思います。その原因をコツとともに探っていきましょう。

コツとして、湧きあがった感情がそのまま動作につなげていくことがあげられます。つまり、演技が不自然に見えるとき=感情と動作が一致していないときなのです。

例えば、AとBが喧嘩をしたとして、Aが怒ってそのまま自宅へ帰ってしまったとしましょう。

この時、Aの歩き方は背筋がピンとして、ちゃんとした歩き方になっているでしょうか。きっと、イライラして横暴な歩き方をしていると想像したと思います。それどころか転がっている石を蹴るなど、物に当たっているかもしれませんよね。このように、Aの怒りを示すためには、そのままイライラした雰囲気を表に出すのが理想的だと思います。

きっと、日常生活のなかで、感情に任せて行動にでてしまった経験が皆さんにもあると思います。このような感情と動作がつながった感覚を、日常生活のなかで覚えていくのが具体的なコツになります。

意識的に大きく動く

続いてのコツは、「大げさでもいいので大きく動く」ということです。これも日常生活と日々の練習でやっていきましょう。

先ほどのAの怒りの様子を、演技でやってみるとしましょう。イライラした雰囲気で、転がっている石を蹴ってしまうような感じです。

難しいと感じるかもしれませんが、まずは大げさでいいので大きく動いてみましょう。通常の動きの10倍で演じるくらいでよいです。

こうして演技をしてみると、大げさではあるものの、Aの怒りの感情が伝わってきますよね。このように、とにかく意識的に大げさに動くことで、自分の身体の動かし方がわかってくるはずです。コツを意識しながら、さまざまな役を少し大げさに練習してみましょう。

衝動を強くする

続いてのコツは、衝動を強くすることです。演技が上手い人にグッと近づけるコツなので、ぜひ確認しましょう。

みなさんが日常生活のなかで、衝動的にしてしまったことがいくつかあるのではないでしょうか。例えば、AとBが喧嘩をしたとして、Aは怒りに任せてBにひどい言葉を言ってしまったという情景は目に浮かびやすいかと思います。

つまり、衝動とは、感情というよりは瞬発力につながるのです。瞬発力の上げ方は、自分の演じる役をもっと深く理解するということです。

例えば、自分が男子の役で、大好きなぬいぐるみがあったとしましょう。しかし、そのぬいぐるみを妹にとられてしまいました。男子がそれに執着していたことを深く理解していれば、衝動的に妹からぬいぐるみをとりあげるはずです。

このように衝動は自分が演じる役が何を大切にしているのか、何に執着しているのかに繋がります。コツをしっかり理解し、もっと演技が上手い人になりましょう。

演技をうまく見せるため舞台での正しい動きを知ろう

演技をするコツよりも少しステップアップしたコツについて見ていきましょう。演技をうまく見せるためのコツを紹介していきます。

皆さんは舞台上でどのような演技をしているでしょうか。コツを知れば、もっと舞台映えする演技ができるかと思います。それではみていきましょう。

動作の目的をはっきりさせる

コツの1つとして、動作の目的をはっきりさせることがあげられます。それぞれの舞台の動作では、すべてに意味があると考えて、目的をはっきりと意識しながら演技をするとより良くなります。

例えば、普段は学校で悪さをしている生徒の役を演じるとしましょう。その生徒には好きな子がいて、できることなら付き合いたいと思っています。学校では悪さをしているものの、好きな子に振り向いてもらいたいと、好きな子の前ではしっかりとした生徒にとりつくろっている場面があるとします。

この場合は、目的が「好きな子に振り向いてもらいたい」から、しっかりとした生徒をとりつくろう動作をしているのです。つまり、演技もすこしぎこちない優等生の動きをすると、マッチするのです。

このように、人は常に何らかの目的を持って動いており、それを舞台上で実施することを念頭に置いて演技をしていきましょう。

上下左右の動きの意識

続いてのコツは、上下左右の動きを意識することです。演じる役によって変えていく必要があります。

例えば、あまりコミュニケーションが得意でない人を演じるとしましょう。そうすると、歩き方も猫背であまり前を見ておらず、とぼとぼと歩いている雰囲気を出すのではないでしょうか。

逆にコミュニケーションが得意な人を演じる時は、堂々とした歩き方で、シャキッと前を向いていつも笑顔という雰囲気を出すと思います。

こうした歩き方などの横の動きは分かりやすいですが、上下の動きにも注目していきましょう。コミュニケーションが得意な人の場合は、少しスキップをするように上を意識して歩くと、より雰囲気がでます。演じる役によって動きは異なるので、役の研究は深くじっくりと行っていきましょう。

左右を意識するだけでなく、上下を意識するのがコツのなかでも重要です。

舞台上での意識の共有

続いてのコツは、他の演者との関わりのうえで、舞台上での意識の共有を行うことです。舞台というのは自分1人ではなりたっていません。他の人やエキストラも含めて、1つの舞台が出来上がります。

だからこそ、舞台上の演者の意識を共有していきましょう。例えば、AとBが喧嘩をしている場面であるならば、その場はピリピリした雰囲気になっているはずです。こうした何らかの刺激に対して意識が共有できていると、最終的に観客には舞台上が埋まっていると感じられます。

観客にも緊張感などの雰囲気が伝わるのは舞台として良いことです。このコツは、自分だけで舞台を作っているのではないという気持ちを強く持つことが重要なのです。

演技をうまく見せるのにテクニックも大切

演技をうまく見せるテクニックを紹介していきます。先ほど、自分1人で舞台を作っているわけではないと解説しましたが、やはり自分のテクニックをあげることも大切です。他の役を気にしつつも、自分の演技に磨きをかけることで、もっといい舞台になることもあります。

それでは、テクニックを紹介していきます。

「間」と緩急の使い方

コツの1つとして、間の取り方が挙げられます。特に、大事な言葉や演技は伝わり方が変わってくるのです。例えば、好きな人に告白するシーンで、あっさり告白をしてしまうのは少し雰囲気が悪くなりますよね。しかし、緊張をしていて、告白が言い出せずに少し間を取っているのは、観客にも緊張感が伝わります。

また、セリフだけでなく、身体の動かし方に緩急をつけるとよいです。例えば、告白するシーンで、緊張をして身体ががちがちになっていたのが、成功をして身体が動くようになるのは、とても良いシーンにみえるのではないでしょうか。

目線を意識する

続いてのコツは目線を意識することです。目線は「目は口ほどにモノを言う」といわれるほど重要です。

みなさんも「上目遣い」で可愛い女の子を演じたり、少しプライドが高いキャラであるなら「上から目線」であるなどで印象が変わるはずです。

目線を意識することがコツとしてあげられるのは必然でしょう。

呼吸を使い分けて感情を表現

続いてのコツは呼吸を使い分けて感情を表現する事です。呼吸だけでさまざまな感情を表現できます。

例えば、忘れ物をして遅刻しそうな生徒役だったとしましょう。きっと、ものすごいスピードで走っており、息遣いが荒いはずです。逆に息遣いが浅すぎると、体調が悪い様子を示すことができます。

このように、呼吸の種類を使い分けるだけでなく、タイミングを工夫すると良いです。例えば、先ほどの忘れ物をして遅刻しそうな生徒は、息遣いが荒くなっているものの、学校についたら安心して深い息をはきます。

このように、タイミングと種類を意識して、コツをつかんでいきましょう

演技が下手に見える理由と改善策

演技が下手に見えてしまう理由と改善策についてみていきましょう。実際に、演技をしてみて、コツを実践してみてもうまくいかないことが多くあるのではないでしょうか。

それでは、演技が下手になってしまう理由をみていきましょう。

舞台上での自分の役割が理解できていない

舞台上での自分の役割が理解できていないと下手に見えがちです。役作りをしても舞台全体でみると適していない場合は下手に見えることがあります。

例えば、自分がメインではなく、悪役であるにもかかわらず、立ち位置を理解していなくて主人公風の演技をしているなどです。これは極端な例ですが、観客には違和感を覚えられてしまうでしょう。

このように、台本をもらった時は、まず舞台全体における役の立ち位置を検討することが重要です。自分の立ち位置が理解しづらいのであれば、監督や周りの役に聞いてみることをおすすめします。自分の立ち位置を把握してもっと良い演技ができるようにしていきましょう。

演技が不自然に見えてぎこちない

続いて、下手になってしまう理由としては、いかにも演技をしているように見えてしまう不自然さが下手に見せる要素があることです。

例えば、まだまだ演技に慣れておらず、どうどうと演技ができない中で、主人公の役をもらったとしたらどうでしょうか。どうどうと動けていない主人公に対して、観客は違和感を覚えるに違いありません。

実践の場を設けて、とにかく表舞台にたつことに慣れていくのが重要です。小さな舞台や役であってもオーディションを受けて、とにかく実践の場を増やしていきましょう。

演技のコツを身に着けたいならタレントボックスがおすすめ

演技が下手であるのをなおしていくには、実践の場に立つことが重要です。しかし、オーディションに参加しても役がもらえなかったり、事務所限定のオーディションであると参加が難しかったりしますよね。

そこで、今回演技の実践の場をもっと積みたい皆さんに、タレントボックスを紹介します。タレントボックスは、芸能関係の案件を多く紹介しており、みなさんの実践の場にとても役に立つはずです。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

専属契約不要で他の事務所に所属していても可

タレントボックスの登録はとても簡単で、使いやすい仕様になっています。

タレントボックスは、事務所に入っているか入っていないかに関わらず、利用することができます。自分の事務所の仕事がとれないのはつらいかもしれませんが、タレントボックスでさらにチャンスを増やしていけるのです。

豊富な案件に直接アクセスして高収入のチャンスも

タレントボックスでは、高収入の案件がいくつもあります。

所属事務所にマージンを取られることがないため報酬が高いケースが多いのです。自分が頑張った分をそのままいただけるのはとてもありがたいことですね。

しかも、自分の判断で自由に仕事ができるため、自分に合った仕事を受けることができるのも魅力的です。

また、タレントボックス内で企業からオファーをもらえることもあります。チャンスが広がりますね!

自身のアピールをするノウハウを利用できる

しかし、自分をインターネットのツールで表現したことがないと不安な人もいると思います。タレントボックスでは、無料の30分間売れ方戦略講座が登録するだけで受けられるのです。

注目を集めやすいプロフィール作りのサポートのサービスが用意されているので、SNSやインターネットでの表現が苦手な人でもコツをつかむことができます。

演技のコツをつかんで実践の場に乗り出そう

いかがだったでしょうか。ここまで、演技のコツについて解説してきました。初歩的なところでは、感情と動作を繋げていくこと、大げさに動くことや衝動性を重視することを解説しました。さらにうまくなるためには、動作と目的を繋げたり、目線や呼吸を意識することも大切です。

うまくなるためのコツは難しいことも多いですが、舞台で自分をより良く見せるためにも、頑張って習得していきましょう。

また、演技が下手になってしまう原因として、自分の役割や立ち位置、ぎこちなさがあげられます。小さなところからでよいので、実践の場を増やしていけるように頑張っていきましょう。もしも、実践の場を増やすのが難しいのであれば、タレントボックスなどのツールを利用して、機会とチャンスを増やしていけるように頑張りましょう。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました