芸能事務所を移籍する際のルールとは?トラブルを避けて活動を続ける方法を解説

芸能人になるには

この記事は5分で読めます。

芸能界には、活動中に芸能事務所を移籍、あるいは独立する芸能人が多く存在しています。芸能事務所の移籍も独立も問題が発生しやすいのですが、より問題視されやすいのが芸能事務所の移籍です。

元の所属事務所にとっては、お金をかけて育てた芸能人が育ったところで他の芸能事務所に奪い取られる意味を持つからです。

芸能事務所の移籍トラブルは、どんな方法を使えば回避できるのでしょうか?

この記事では、芸能事務所を移籍するときに発生しがちなトラブルの種類を紹介すると共に、トラブルを回避して芸能活動を続ける方法について解説します。

芸能事務所移籍でトラブルになっている人、トラブルを起こさずに移籍したいと考えている人は、今後の参考のためにぜひご一読ください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

芸能事務所移籍にはトラブルが付き物

「芸能事務所移籍はトラブルが付き物」というのが芸能界での当たり前の認識になっています。所属事務所の移籍を望む芸能人や芸能人の引き抜きを望む芸能事務所が多いため、移籍トラブルが後を絶たないからです。

しかし、移籍するたびにトラブルになることを、芸能人も芸能事務所も望んでいません。円満に移籍できるに越したことはないのです。

芸能事務所を移籍するときは、芸能事務所が定めるルールを守る必要があります。このルールを破れば、芸能人と芸能事務所が望んでいないトラブルが発生する可能性が高まるからです。

しかし、そのトラブルを回避して芸能活動を続ける方法があります。それを解説する前に、芸能事務所のルールなどをチェックしてみましょう。

芸能事務所共通のルール3選

芸能界で活躍中の芸能人を擁する芸能事務所には、共通のルールがあると言われています。明確に定められたルールではありませんが、ほとんどの芸能事務所がそのルールを契約書などに記し、所属している芸能人に守らせているのです。

そのルールを破ると、芸能活動を続けられなくなるケースもあります。「芸能人泣かせ」とも言われる芸能事務所の共通ルール3つをご覧ください。

芸能事務所を移籍できない

1つ目のルールは、契約期間中に他の芸能事務所に移籍できないことです。

このルールは基本的に芸能事務所の契約書に記載されており、契約書にサインした芸能人はそのルールを守る必要があります。契約期間中に他の芸能事務所に移籍した場合には、違約金を要求されることもあります。

芸能事務所側が芸能人に理不尽な行為をした結果の移籍であっても、契約書に明記されていることには従わなければなりません。

芸能事務所の独立は慎重に進める必要がある

2つ目は、所属事務所から独立したいときは慎重に進めなければならないことです。

出演料などの報酬の取り分に不満を持つ芸能人は、芸能事務所の独立を考えます。

しかし、1つ目のルールにあるように、契約期間中に所属事務所を退所するのもルール違反になり、破ると仕事を干されることもあります。

独立したい芸能人は、所属事務所との関係が悪化しないよう、慎重に独立準備をしなければなりません。独立後も所属していた芸能事務所と提携する、という方法で円満解決している芸能人が多いです。

芸能事務所の契約内容に沿った行動をしなければならない

3つ目は、芸能事務所が定める契約内容に則した行動を取らなければならないことです。

こちらも当たり前のルールではありますが、芸能事務所によっては芸能人に不利益な契約内容を契約書に盛り込んでいる場合があります。

しかし、契約内容に従わなければなりません。それによって、芸能人が自分の意に反した辛い活動を強いられる事態も発生しますが、契約書に同意している以上は、その内容に逆らうことができないことが多いのです。

芸能事務所移籍を阻む競業避止義務を解説

芸能人の所属事務所移籍を阻んできたのは「競業避止義務」という規定です。競業避止義務は、所属している企業と競合している会社に就職することを避ける必要がある義務を表します。

この競業避止義務を定めている一般企業が多いですが、芸能事務所もこの競業避止義務を支持しているところが多いです。芸能人の移籍は、芸能事務所の財産がライバル事務所に流出するのに等しいからです。

2019年12月、公正取引委員会は「芸能事務所を退所した芸能人が芸能活動することを一定期間禁止とする契約は、独禁法違反に該当する」という見解をまとめニュースになりました。

しかし、このニュースが報じられた後も、競業避止義務は芸能界でまかり通っています。

芸能事務所移籍をめぐるトラブル4選

この章では、芸能事務所移籍をめぐって発生したトラブル4件を紹介します。

有名芸能人の移籍トラブルと現在の状況や、弁護士サイトなどに寄せられた芸能事務所移籍に関する相談内容を見ていきましょう。

移籍後にそれまでの芸名を使用できなくなった

1つ目は「移籍後にそれまで使用していた芸名が使えなくなった」というトラブルです。

のんさんは2006年に芸能界デビューし、2016年にそれまで所属していた芸能事務所を退所しました。この退所時に芸能事務所とのトラブルが発生したのです。

契約期間中に事務所退所を申し出たのんさんでしたが事務所側に拒まれ、2016年6月に契約期間が満了したとして、新しい芸名で芸能活動を再開しました。

それまで使用していた「能年玲奈」はのんさんの本名ですが、事務所退所後は芸名として使えなくなっています。芸能事務所との契約書に「退社後は事務所の許可なしに能年玲奈という芸名を使用できない」という文章があったからです。

のんさんは現在も「のん」として活動しています。
所属していた芸能事務所と和解しない間はそうするしかありません。

移籍後に仕事が回ってこなくなった

2つ目は「芸能事務所を移籍した後に仕事が回ってこなくなった」というトラブルです。

国民的アイドルと言われたグループが2016年12月に解散しました。その翌年6月に、元メンバーのうちの3人が所属事務所を退所することを公表し、移籍後に新しいユニットを結成し、芸能活動を開始しました。

しかし、新ユニットが始動後、3人のレギュラー番組が相次いで終了したのです。その後、新ユニットの3人が地上波に登場することが激減し、「移籍トラブルで干された」と論議を呼びました。

競業避止義務という言葉が有名になったのもこの頃です。現在は公正取引委員会が旧所属事務所に注意勧告を行ったことにより、地上波でも順調に活動しています。

契約期間満了前に移籍したら違約金を求められた

3つ目は「契約期間が満了する前に移籍したら違約金を請求された」というトラブルです。

芸能事務所側に契約などの不履行があった場合など、契約期間中の退所と移籍が認められるケースがあります。

しかし、契約書に違約金に関する条項が記載されていた場合など、契約内容によっては違約金を支払う必要があります。こういったトラブルを避けるため、契約書に違約金関連の記述がないかよく確認してから契約しなければなりません。

芸能事務所退所後の芸能活動を禁止された

4つ目は「芸能事務所を退所した後の芸能活動を禁じられた」というトラブルです。

こういったトラブルから芸能界引退に追い込まれたと噂が流れた女優もいました。

1990年代に人気を博していた松本莉緒さんは、一時的に引退状態にありました。
しかし、3年後にトップコートに移籍し、以前の芸名「松本恵」から現在の芸名に変更して芸能活動を再開しています。2019年にテレビ出演した際に「引退したのは普通の学生生活を送りたかったから」と説明していましたが、当時は「移籍トラブルが原因で引退」という噂が有力視されていました。

移籍トラブルで芸能活動を禁止された」と噂されている芸能人は現在も数多いため、競業避止義務の正当性に関する論議が度々起こっています。

しかし、2019年12月に公正取引委員会が「事務所の移籍は競業避止義務違反」という主張について「独占禁止法に当たるため、違法」という見解を発表し、芸能人の移籍が認められました。

その後、契約書の内容を変更する芸能事務所が続出し、事務所退所後に移籍して活動を続けるという行為が容認されるようになってきましたが、従来のルールを重視する事務所も多いです。

以上、4件の芸能事務所移籍にまつわるトラブルから、芸能事務所移籍がタブー視されているのをご理解いただけたかと思います。移籍トラブルをどうすれば回避できるかは、次の章で解説します。

芸能事務所を移籍せずに芸能活動を続ける方法

この章では、芸能事務所を移籍しないまま芸能活動を続ける方法を紹介します。

移籍トラブルによって仕事がなくなるだけではなく、芸能人生命を断たれる芸能人も存在しますが、トラブルが発生しなければこれまで通りの活動を続けられるのです。

芸能事務所に所属していても登録できるタレントボックスに所属する

芸能事務所に所属した状態で、事務所以外から仕事を請け負い、芸能活動を続ける方法があります。それは、タレントボックスに登録することです。

タレントボックスは芸能事務所ではなくタレントエージェントなので、芸能事務所に所属している状態でも登録でき、タレントボックスが抱えている仕事の紹介を受けられるからです。

タレントボックスの公式サイトのFAQでも、芸能事務所に所属したままで登録できると記載されています。

しかし、芸能事務所側が難色を示す可能性もあるので、登録前に所属事務所に相談することを推奨しています。

タレントボックスには案件が豊富に用意されている

タレントボックスの長所の1つは、仕事の案件が豊富にあることです。

芸能事務所で望む仕事が回ってこない、あるいは仕事の量が少ないという悩みを抱え、事務所移籍を考えていながら、トラブルが怖いために耐えている芸能人が多いです。

しかし、タレントボックスは芸能事務所を移籍または退所しなくても登録できるので、安心して仕事を増やすことができます。

活躍の場が増えることで芸能人の人気と知名度が上昇すれば、所属事務所にも恩恵があるので、所属事務所との関係の改善も期待できるでしょう。

タレントボックスは登録制だから移籍トラブルがない?

タレントボックスに登録する際に交わす契約書の詳細は未公表ですが、芸能事務所のような閉塞的なルールは確認されていません。移籍に関するルールもないようです。

過去に芸能活動を行っていた社長が芸能人の立場を理解した上で設立し、運営しているので、芸能人が活動しやすいシステムを構築しています。

芸能事務所の多くが要求し、金銭的に余裕がない芸能人を苦しめているレッスン料などの出費も、タレントボックスにはありません。芸能事務所を通さないため、芸能事務所より高い報酬を得られます。

そのシステムに支えられた芸能人は、自分が求めるジャンルの仕事を受け、自分が望んだ通りに芸能活動を続けられるのです。

タレントボックスに登録して勝ち残ろう!

引用:タレントボックス

タレントボックスのここがすごい!
・たった1個の成功の秘訣をコンサル!
・レッスン料一切なし!
・最短二日でプロデビュー!
・手厚いサポート!
・豊富な案件!
レッスン料完全無料でコンサルを受け、あなたも芸能界で羽ばたきませんか?

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

成功するために必要なことをコンサル!

芸能事務所ではある一つのことが、成功するか否かの分岐点になっていることが多いです。
その重要な要素をコンサル!成功のための方法を徹底的にお伝えします!!

レッスン料一切なし!

芸能事務所や芸能養成所のように高いレッスン料がかからず拘束時間も長くない為、金銭的の問題に悩まされることがなく芸能活動に専念できます。

最短二日でプロデビュー!

普通ならレッスンに何年か通った後オーデイションを受け、合格しないとデビューはできません。

しかし、タレントボックスならエキストラなどから現場に入ることができるため、最短二日でプロデビューができます。今すぐにでも芸能人デビューしたい人はぜひタレントボックスへ!

手厚いサポート!

タレントボックスの特徴は手厚いサポートをしてくれるところです。
タレントエージェントはあっさりした関係だと思われがちですが、タレントボックスなら手厚いサポートを受けることができます!
もし芸能界に挑戦したいが今後が不安な方にぜひおすすめです!

豊富な案件!

・某有名下着CM ¥150,000
・格映像学校のプロモーション映像出演ダンサー募集 ¥130,000
・大学PR動画出演者 ¥10,000
・ビールのCM ¥7,000
・某ミュージックビデオ出演者 ¥25,000
このように幅広い案件があります!

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

芸能事務所を無理に移籍せず芸能活動の幅を広げよう!

多くの芸能事務所が定めているルールは厳しく、所属芸能人はそのルールに反発しながら我慢し続けています。芸能事務所の移籍に伴うトラブルを避けるのは非常に難しく、トラブルが発生した場合も弁護士を雇うのも金銭的な圧迫が大きいというのが主な理由です。

しかし、無理に芸能事務所を移籍する必要はありません。芸能事務所に所属した状態でもタレントボックスに登録できるからです。タレントボックスに登録すれば、タレントボックスが紹介する数多くの仕事で、現状よりも芸能活動を活発にできるようになります。

芸能事務所との関係を維持しつつ、タレントボックスで仕事を受け、芸能活動の幅を広げて芸能人としてのさらなる飛躍をめざしましょう

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました