芸能界の危ない事務所の特徴は?危ない事務所の見定め方や芸能界で仕事するためのおすすめのサービスを解説

芸能人になるには

芸能界は今も昔も多くの人の憧れの世界です。
しかし、悩みを抱えているため、飛び込めないでいる人も多いです。芸能界で活躍するには、どうしたらいいのか。事務所に入らなくてはいけないみたいだけど、どこの事務所にしたら早くデビューできるのかな。評判の悪い芸能事務所には入りたくない。トラブルに巻き込まれたくない。
そんな悩みを持つ人はいらっしゃいませんか?所属する芸能事務所の正しい選択をするかどうかで、あなたの未来が大きく変わってしまうかもしれません

そこで、本記事では「契約しても安心な場所」についてお伝えしたいと思います。
危ない事務所の見極め方についても解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

芸能界に危ない事務所はある

多くの芸能人が「街でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りをした」という体験談を持っています。そのシチュエーションに憧れを持つ人も多く、スカウト目的で街に出る人も少なくありません。しかし、スカウトを受けて舞い上がり、スカウトした事務所のことを調べずに所属すると、後々後悔することになります。数多くの芸能事務所が存在していますが、危ない事務所も多いからです。危ない事務所については、よくメディアで騒がれています。

しかし、ネットで調べても確かな情報が見つからないことが多いです。
名誉棄損等で訴えられるような重大な事であるため、あえて名指しする人はいないためです。
この記事では、危ない事務所の特徴についても解説します。

危ない事務所に入ってしまうと売れない可能性が高い

危ない事務所に入ってしまうと、人気芸能人になれない可能性があります。また、反社会的勢力と関わりがあるような事務所に所属すると、名前が知られるようになってから反社会的勢力の関係を噂され、芸能生命を断たれるケースもあるでしょう。芸能事務所と銘打った詐欺グループであることも考えられます。

そのため、入所させることだけに力を入れ、テレビ局やプロデューサーへの営業自体行っていないところもあります。営業をしていなければ、仕事を得るためのオーディションもなく、仕事も当然ありません。「オーディション合格のためのレッスン料」と称して大金をとられ、仕事はなし、ということもあります。そういった事務所には、売れない芸能人が多く所属している可能性が高いです。

危ない事務所に引っかかる人の特徴

危ない事務所に引っかかる人には特徴があります。
・脱サラした人
・現状が上手くいっていない芸能人の事務所移籍
このポイントに該当するのは、危ない事務所に引っかかる可能性が高いです。危ない事務所に引っかかる人の2つの特徴を、さらに詳しく見ていきましょう。

脱サラした人

危ない事務所に引っかかりやすいのは、脱サラをしたばかりの人です。脱サラした人は焦る気持ちが強いので、だます側は「入所したらすぐにでも仕事が入って、スターになれる」といった妄想を抱かせます。脱サラ後に芸能界をめざす人は「夢を必ず実現させる!」という気持ちが強いので、そこをくすぐって入所へといざなうのです。

「芸能活動するにはレッスンを受ける必要がある」などと言われ、多額のレッスン料などを請求されたあげく、仕事は回ってこないこともあります。そういった事態は避けなければいけません。

現状うまくいっていない芸能人の事務所移籍

「同期は有名になったのに自分はほとんど仕事が来ない」「オーディションは不合格続き」という苦境に立っている芸能人も、危ない事務所のカモになりやすいです。
危ない事務所は、売れていない芸能人に「売れないのは現在所属している事務所のせい」と思わせ、更に良い条件を提示させて入所させようとします
「事務所の掛け持ちは許されないので前の事務所を辞め、いざ仕事を受けてみたらアダルトな仕事だった」という悲劇も、若い女性に起こりやすいです。
危ない事務所は、脱サラした人と売れない芸能人の焦る心につけ込み、思いもしない仕事をさせたり不利な契約を結ばせたりします。

危ない事務所の3つの特徴

危ない事務所の見分け方には、3つのポイントがあります。
・不利な契約を結ばさせる
・出演料が明確ではない
・契約とは相違のある仕事をさせる
このポイントに該当するのは、危ない事務所である可能性が高いです。
3つの特徴の詳細を解説します。

タレントに不利な契約

危ない事務所は、所属タレントの利益が少ない契約を結ぼうとします。事務所と専属契約を結ぶ際は、契約書をじっくり読み、不利な内容が書いていないか確認してください
特に、専属契約書の中に「事務所が受けた仕事はすべて履行する事」というような、出演を拒否する権限がない文は要注意です。難しい言葉を使うなど、故意にわかりにくい表現で書かれていることが多いので、その場では絶対に契約せず、熟読してから契約しましょう。

また、契約内容について分からないところをきちんと説明してくれない事務所は、危ない芸能事務所の可能性が高いです。契約書がなかったり、すぐに契約書のサインを迫ってくる事務所は論外です。
契約期間が長いのも不利な契約の条件なので、契約期間が2年以上の場合は注意しましょう。

不明確な出演料

お金に関わる契約が曖昧な事務所との契約は、絶対に避けましょう。特に、支払われる出演料の額を明確に提示しない場合は要注意です。仕事のオーディションのために受けるレッスン料が相場より高かったり、レッスン料を取るのにろくにレッスンしてもらえなかったりするなど、危ない事務所にはお金のトラブルがつきまといます。危ない事務所を見分けたいなら、契約を結ぶ前、仕事を受ける度に出演料を確認できるかを質問しましょう。そこで答えを濁す事務所は、危ない事務所の確率が非常に高いです。

契約と相違のある仕事内容

契約内容と異なる部分が多い仕事を回してくる事務所も危険です。簡単な例でいうと「健全な企業のイメージCM」という契約だったのが、いかがわしいアダルトソフトまがいのイメージ映像、といった相違です。仕事の現場に到着して初めて契約内容と違う仕事だったことに気付いても、その場から逃げられずに涙を飲むケースもあります。

危ない事務所を見定める3つのポイント

危ない事務所は、危険なポイントを知っていれば、契約段階に入る前に見分けて避けることが可能です。これから芸能事務所を探す人は、調べる前に危ない事務所か見定めるポイントを3つおさえておきましょう。

設立年数と規模はどうか

最初に確認するべきなのは、事務所の設立年数とその規模です。設立年数が短い、あるいは規模が小さい事務所は、芸能界への影響力が少ないからです。芸能界での信頼度が高くないので、仕事を探すのも大手より難しいでしょう。設立年数が2年未満という場合は、特に注意が必要です。2年未満の会社は消費税を支払う必要がありません。設立してお金を所属タレントから回収したら会社をたたむといった行為を繰り返し、丸儲けをする詐欺事務所もあります。

また、個人事業主だと資金力に不安があります。
小規模な事務所は資金力が弱く、何かあった時に出演料が未納になる可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

所属タレントが活躍しているか

事務所に所属しているタレントをチェックするのも、重要なポイントです。所属しているのが知らないタレントばかりということは、事務所の営業力が弱いということだからです。その事務所に所属すると、あなたも知名度の低いタレントに埋もれてしまうかもしれないという懸念があります。

その点、大手の事務所は、営業力と業界内での信頼性を兼ね備えているため、所属タレントに与える
案件の数も安定しているのでおすすめです。しかし、メリットが大きいだけあって、大手の事務所に所属できるのは一握りの人だけなので、難関を突破することを諦めて規模が小さめの事務所に所属する人が多いです。

自分がめざすジャンルと合っているか

「大手の芸能事務所に所属して案件がたくさんあるはずなのに、やりたくない仕事ばかり紹介される。本当に営業してくれているのかな。」とお悩みの方はいらっしゃいますか?
それは、事務所の得意とする分野とあなたのやりたいジャンルが合っていないだけかもしれません
大手の事務所それぞれのメインジャンルを確認すれば、その事務所の得意な分野がわかってきます。

テアトルアカデミーなら俳優関連、ホリプロならアイドル関連、ソニーミュージックアーティストならミュージシャン関連、吉本興業ならお笑い関連、というように、その事務所の特色があるのです。
大手とは言えない規模の事務所でも、得意なジャンルに強いケースがあるので、その事務所の得意

ジャンルと自分の目的が合致するかを確認することが肝心です。
・危ない事務所ではないか
・自分と合っている事務所なのか
この2点を見極めるには、かなりの苦労がともないます。

芸能事務所選びに失敗したくない人はタレントエージェントがおすすめ

危ない事務所を避け、信頼できる事務所を選ぶのは、慣れない人にはかなり難しいです。しかし、無理をしてまで事務所に所属する必要がないことをご存知でしょうか?芸能事務所に所属しなければ芸能活動ができない、というわけではありません。事務所に所属せずに芸能活動する選択肢もあるのです。

それは、タレントエージェントに登録することです。タレントエージェントは芸能事務所とは違う特徴があります。会社がマネージメントをするのではなく、エージェント(代理人)が芸能活動をサポートするので、レッスン料などが発生しません。タレントエージェントの主なメリットを見てみましょう。
・レッスン料を要求されない
・事務所や養成所に所属していても登録可能
・案件が豊富なので仕事の幅が広がる
・首都圏以外にも案件がある
などがタレントエージェントのメリットです。
近年業績を伸ばし、人気と知名度を高めているタレントエージェントはタレントボックスです。
タレントボックスに登録すると、プロフィールの作成と個人の売れ方戦略講座(30分)という2つの無料特典がついてきます。

また、芸能事務所はレッスン料を払っている期間しかサポートを受けられませんが、タレントボックスはレッスン料なしで3年間サポートを受けられます。
登録者に対するサポートが手厚いことでも定評があるので、芸能活動をしている人やこれから始めたい人は、タレントボックスに登録することをおすすめします。

芸能事務所に所属せずに仕事を獲得するならタレントボックス!

引用:タレントボックス

タレントボックスのここがすごい!
・たった1個の成功の秘訣をコンサル!
・レッスン料一切なし!
・最短二日でプロデビュー!
・手厚いサポート!
・豊富な案件!
レッスン料完全無料でコンサルを受け、あなたも芸能界で羽ばたきませんか?

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

成功するために必要なことをコンサル!

芸能事務所ではある一つのことが、成功するか否かの分岐点になっていることが多いです。
その重要な要素をコンサル!成功のための方法を徹底的にお伝えします!!

レッスン料一切なし!

芸能事務所や芸能養成所のように高いレッスン料がかからず拘束時間も長くない為、金銭的の問題に悩まされることがなく芸能活動に専念できます。

最短二日でプロデビュー!

普通ならレッスンに何年か通った後オーデイションを受け、合格しないとデビューはできません。

しかし、タレントボックスならエキストラなどから現場に入ることができるため、最短二日でプロデビューができます。今すぐにでも芸能人デビューしたい人はぜひタレントボックスへ!

手厚いサポート!

タレントボックスの特徴は手厚いサポートをしてくれるところです。
タレントエージェントはあっさりした関係だと思われがちですが、タレントボックスなら手厚いサポートを受けることができます!
もし芸能界に挑戦したいが今後が不安な方にぜひおすすめです!

豊富な案件!

・某有名下着CM ¥150,000
・格映像学校のプロモーション映像出演ダンサー募集 ¥130,000
・大学PR動画出演者 ¥10,000
・ビールのCM ¥7,000
・某ミュージックビデオ出演者 ¥25,000
このように幅広い案件があります!

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

まとめ

芸能界で仕事をするのに憧れる人は非常に多いですが、その夢を叶えられるのはほんの一握りです。
所属したのが危ない事務所だったために、芸能活動をやめざるを得なくなり、夢を実現させるのを断念した人も少なくありません。

芸能界に足を踏み入れる前に、危ない事務所の特徴を把握し、所属について検討する必要があります。危ない事務所に引っかかってしまった場合は、法テラスなどで弁護士に相談してトラブル回避しましょう。

また、危なくない事務所でも仕事を受ける際にレッスン料を取られることも、忘れてはいけません。
芸能人として売れるまでの出費をおさえ、安心して芸能活動を開始したい人は、タレントボックスに登録し、夢に進んでいきましょう

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました