HYの名曲「366日」が月9新ドラマ化!出演キャストと見どころを徹底解説!

芸能事情

この記事は5分で読めます。

ドラマを見ることが好きで、新作ドラマが発表されるとドラマの内容やキャストの情報をいち早く知りたいという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

好きな俳優が出演するドラマとなれば、内容や役柄等も気になり、事前に情報収集したくなる方も多いと思います。

そこで本記事では、春の新ドラマ、「366日」について解説します。366日がどんな内容のドラマなのか、また、キャストについても詳しくご紹介します。

これを読めば366日がより楽しめる内容となっておりますので、ぜひ最後までお読みください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

366日ってどんなドラマ?

366日は、高校時代に実らなかった恋を叶えるために再び動きだした男女が、予期せぬ悲劇に直面しながらも一途に思い続ける壮大な愛の物語を描いた内容となっています。

お互いに誤解が生じてしまい、告白できないまま離れ離れになってしまった二人。一生忘れられない恋をした二人はある日、同窓会で再会しました。今後二人の関係がどのように変化していくのかに注目です。

この章では、366日がどんな作品なのか詳しく解説します。この作品を深掘りしていくことでより楽しむきっかけになれば幸いです。

HYの名曲「366日」を元に作られているって本当?

このドラマは、HYの名曲「366日」をモチーフにしたオリジナルラブストーリーです。

この曲は、叶わない恋を歌った切ない失恋ソングとして、発売から16年経った今も世代を越えて多くの人に愛されている名曲です。

4年に一度のうるう年である2024年に一生忘れられない恋としてドラマ化された366日と楽曲としての366日のこれ以上にないシンクロに期待が集まっています。

主題歌はもちろん366日/HY

366日は、HYの仲宗根泉(Key&Vo)が作詞・作曲を担当した楽曲になります。

仲宗根泉はこの曲を作るにあたって、当時付き合っていた彼と一度別れ、失恋の気持ちを味わいながらこの曲を作ったそうです。

仲宗根泉はドラマ化決定を受け、「16年以上も前のこの曲がこうしてドラマ化され、初めは驚きの方が大きかったが、今はただただ素直に嬉しい。ドラマを通して366日からまた新たなラブストーリーが生まれることで、楽曲の意味も違って聞こえてくると思う。ドラマを見ながら、楽曲を聴きながら、あなたの中の366日を探してみてください」とコメントしています。

参考:4年に一度のうるう年 HYの名曲『366日』をモチーフにした オリジナルラブストーリーが広瀬アリス主演4月スタート月9ドラマ「366日」として誕生! | USENの音楽情報サイト「encore(アンコール)」 

出演俳優と登場人物の役柄4選

ドラマの内容も気になりますが、どのようなキャストが演じるのかが一番気になるところです。登場人物や出演するキャストについて深堀りすると、よりドラマを楽しむことができます。

そこで今回は、366日に出演する主要キャストの役柄を紹介します。今をときめくあの俳優が出演しているので、要チェックです。

参考:広瀬アリス主演!月9ドラマ『366日』登場人物・キャスト一覧

雪平明日香/広瀬アリス

引用:フジテレビ

広瀬アリスは、今回初めて月9の主演を務めます。デビュー当時はモデルとしてファッション雑誌の表紙を飾るなど活躍していましたが、モデルを引退後は女優業に専念。様々な大ヒットドラマに抜擢されるなど、絶大な人気を誇る女優。

そんな広瀬アリス演じる雪平明日香は、オカベ音楽教室・受付をしています。

高校2年の時に龍ヶ崎高校に転校。そこで相手役の水野遥斗らと出会います。高校では吹奏楽部に入部し、クラリネットを担当。吹奏楽部の明日香たちはアルプススタンドでの演奏を夢見ていました。

遥斗に思いを寄せていたものの、高校時代にその思いを伝えることができず離れ離れに。同窓会で再会後に遥斗と話すうちに、実は両思いだったことを知りました。

参考:広瀬アリスのプロフィール 出典元:ORICON

参考:雪平明日香/広瀬アリス | めざましmedia 

水野遥斗/眞栄田郷敦

引用:めざましmedia

眞栄田郷敦は、ファッションショーへの出演を皮切りにモデルとして活動を開始。次の年には、映画で主人公の親友役を演じ俳優デビューを果たした。主役の相手役や友人役として存在を発揮し、様々なドラマや映画に引っ張りだこの注目俳優。

今回、眞栄田郷敦演じる水野遥斗は、外食チェーン店に勤務しています。

明日香の高校時代の同級生であり、高校時代は野球部で甲子園を目指していました。実家はお好み焼き屋を営んでおり、明日香らと部活終わりに店でよく過ごしていた程仲が良かった遥斗もまた、明日香に好意を抱いていました。しかし、誤解があり思いを伝えられないまま、卒業後は北海道の大学へ進学。当時両思いだったことを知ると、勇気を出し告白を決意。

参考:眞栄田郷敦:プロフィール・作品情報・最新ニュース – 映画.com 

参考:水野遥斗/眞栄田郷敦 | めざましmedia 

小川智也/坂東龍汰

引用:めざましmedia 

坂東龍汰は、シュタイナー教育の学校に通い、その中のカリキュラムで演劇と出会う。東京から来た演出家に本格的な指導を受けたことから俳優を志し、現在数々のドラマや映画に出演。22年1月「フタリノセカイ」には映画初主演し、第32回日本映画批評家大賞で新人男優賞を受賞。

坂東龍汰演じる小川智也は、運送会社に勤めながら野球チームに所属しています。

高校時代は遥斗と同じ野球部に所属し、甲子園を目指して互いに切磋琢磨し合っていました。ドラフトでのプロ入りを目指していたものの、指名はかからず父親の体調不良もある中で、今後の身の振り方を考え始めた智也。高校時代や同窓会での再会後も遥斗が雪平明日香に思いを寄せていることを知っており、2人が結ばれてほしいと願っています。

参考:坂東龍汰:プロフィール・作品情報・最新ニュース – 映画.com 

参考:小川智也/坂東龍汰 | めざましmedia 

下田莉子/長濱ねる

引用: めざましmedia 

長濱ねるは、アイドルグループ欅坂46とけやき坂46を兼任し、アイドルとして大活躍。その後は、欅坂46に専念しながらアイドル活動を続けていた。卒業後は番組のMCやラジオのナビゲーターを務めたり、最近では俳優としても活動するなど多方面で活躍している。

長濱ねる演じる下田莉子は、老人ホームに勤務しています。

水野遥斗とは小学校からの幼なじみ。転校してきた明日香とは親友で、自分が所属していた吹奏楽部に誘います。高校卒業後は福祉の専門学校へ進学。介護福祉士として働きながら、理学療法士の資格を取るために勉強中の莉子。高校卒業後も明日香とは仲が良く、同窓会後に明日香の遥斗への恋心を知り、2人が結ばれるように応援しています。

参考:長濱ねるのプロフィール  出典元:ORICON 

参考:下田莉子/長濱ねる | めざましmedia 

366日の見どころと注目ポイント

366日は、HYの楽曲「366日」をモチーフにしたオリジナルラブストーリーということで、今後どのようにストーリーが進んでいくのでしょうか。

また、366日という作品には様々なこだわりや想いが込められています。では、一体どういったところにこだわりや想いが込められているのでしょうか。

この章では、366日をより楽しめるように見どころと注目ポイントについて深堀りしていきます。

参考:HYの名曲「366日」をモチーフにしたラヴ・ストーリーが月9ドラマとして誕生 広瀬アリス主演で4月スタート(CDJournal) – Yahoo!ニュース 

時間軸の動きと登場人物の心の変化に注目

366日は、高校時代から社会人となった現在までの様子が描かれています。この現在と12年前という過去の2つの時間軸をキャストがどのように演じていくのかが見どころです。

また、主人公の明日香と遥斗は高校時代から互いに想いを寄せ合っています。過去から現在に流れていく時間の中で、それぞれの心の変化がどうなっていくのかにも注目して見るとより楽しむことができると思います。

明日香と遥斗の他にも、登場人物が二人を応援し支えていく様子やそれぞれが抱えている問題に向き合う姿も思い描かれているため、ストーリーが進んでいくうちにつれて一人ひとりがどのようなキャラクターなのかわかる楽しみも増えていくことでしょう。

脚本家と演出はあの有名作品も手がけているあの人

今回、366日の脚本を担当したのは清水友佳子氏、演出を担当したのは平川雄一朗氏のお二人です。

このお二人は以下のような有名作品も手がけています。

脚本家:清水友佳子

・『最愛』(2021年/TBS系)

・『リバーサルオーケストラ』(2023年/日本テレビ系)

・連続テレビ小説『エール』(2020年/NHK)

などの有名作品の脚本を務めた経歴があります。

演出:平川雄一朗

・『義母と娘のブルース』シリーズ(2018年・2020年ほか/TBS系)

・『JIN-仁-』シリーズ(2009年・2011年/TBS系)

・『ROOKIES』シリーズ(2008年・2009年/TBS系ほか)

をはじめ、数多くの名作ドラマや映画を手がけた大ヒットメーカーです。

この二人の最強タッグによって366日がどのような作品に仕上がっているのか、注目です。

作品に込められた思いとは

「366日」の歌詞にあるように、誰かを好きになって胸が苦しくなったり、想いが叶ったときに嬉しい気持ちになったり、叶わなかったときに悲しくなる気持ちは、きっと人生の中で宝物の一つになるでしょう。それはきっと、366日のドラマを見ていても感じる部分があると思います。

今回、作品をプロデュースした狩野雄太氏は、「人と人が巡り合って心を通わすことのかけがえなさや、当たり前のことなんて必ず毎日そこにある訳ではないという中で、想いがあれば困難は乗り越えることが出来るのか、を描いたストーリーになっているのでぜひ見てほしい」と作品への思いを語っています。

366日は、「一生忘れられない恋」として描いたオリジナルラブストーリーということで、きっと「一生忘れられないドラマ」として視聴者の心を動かしてくれるに違いないでしょう。

ドラマに出演するならタレントボックスがおすすめ

ドラマを見ることが好きな人の中には、一度は自分もドラマの世界に入り込みたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これまで様々な俳優の演技に心を奪われ、好きな俳優や演技の上手い俳優に憧れを持った経験は誰でも一度はあると思います。

しかし、そのような経験はなかなかハードルが高く、難しいとお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、タレントボックスなら誰でも気軽に芸能のお仕事に挑戦できます。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

専属契約なしですぐに芸能の仕事探しに取り組める

タレントボックスは、専属契約なしですぐに利用することが可能です。芸能事務所のように契約の手間もかかりませんし、気軽に芸能の仕事を獲得できるため、おすすめです。

また、タレントボックスは簡単に登録できるため、即利用可能となります。LINEを追加し、お仕事に必要なプロフィールさえ作成してしまえば、すぐに活動に取り掛かることができます。事前にオンライン面談で丁寧に対応してくれますので、初めてで不安な方も安心して芸能のお仕事に挑戦することができます。

他の事務所に所属していても、タレントボックスを利用することができます。事務所からなかなか仕事の話が入ってこないとお悩みの方は、タレントボックスの案件を利用することをおすすめします。

取り扱っている案件が豊富で高額の報酬が得られる可能性

タレントボックスは、芸能の案件を豊富に取り揃えています。そのため、演技の経験も十分に積むことができます。

また、所属事務所を介する必要がないため、報酬が高いケースが多い点も魅力です。事務所に所属していると、思いのほか事務所に報酬の取り分を持っていかれるため、その心配もありません。

タレントボックスなら、自分が興味を持った案件に自由に挑戦することができます。事務所からスケジュール管理をされる必要がないので、自分で計画的に芸能活動に取り組むことができます。

芸能の案件をこなしていく内に企業側からのオファーを受ける可能性も高いです。チャンスを逃さないためにも、タレントボックスの案件にどんどん取り組みましょう。

自身の売り出しのためのサポート体制が充実している

タレントボックスに登録すると、無料で30分間の売れ方戦略講座を受けることができます。初めて芸能のお仕事に挑戦する方にとって、どれも参考になる内容ばかりです。

タレントボックスは、案件紹介だけでなく、自分を芸能人として売り出すためのサポート体制も充実しております。

芸能のオーディションは、履歴書から個性をアピールする必要があります。タレントボックスでは、注目を集めやすいプロフィール作成のサポートもしてくれるため、大変心強いです。

ドラマが好きなら俳優の道を目指して新たな人生を切り開こう

今回は、4月放送の新月9ドラマ「366日」について詳しく解説しました。

366日は、HYの楽曲「366日」をモチーフにしたオリジナルラブストーリーとなっております。366日の楽曲が、今をときめく俳優と数々の名作ドラマを手がけた脚本・演出家によってどのように描かれているのか、乞うご期待です。

このドラマを通して、きっと俳優の演技に心を動かされ、憧れのまなざしで見ている方も多くいらっしゃると思います。ドラマが好きで、自分も演技を通してドラマの世界に入り込みたいと少しでも演技に興味を持たれた方は、ぜひ一度タレントボックスから俳優の道を志してみてはいかがでしょうか。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました