演技が上手くなる方法とは?必要な要素と実践の場を得るおすすめの方法を紹介

芸能人になるには

この記事は5分で読めます。

ドラマや舞台など芸能分野で活躍したいと考えている方の中には、演技が上手くなる方法とはどのようなものか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。演技の上手さは、芸能関係に従事するうえで必要不可欠の能力といえます。

自然な演技ができず下手に見えてしまうと悩む場合は、その原因について分析し、十分な対策を講じると良いでしょう。適切な準備を行い正しい練習をすることにより、きっと演技は上手くなるでしょう。

今回は、演技が上手くなる方法について紹介をします。演技が下手に見えたしまう要因や、上達させるためのおすすめの実践の場についても解説します。なかなか演技が上手くならないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

演技が下手に見えてしまうのはなぜ?改善したいポイントを紹介

一生懸命演技の練習をしても、下手に見えてしまうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。頑張っても上達しない場合は、何らかの原因があるかもしれません。

演技が下手に見える原因の主なものについて、以下で3項目紹介します。ご自身の演技への取り組み方を振り返り、当てはまっているものがある場合は改善すると良いでしょう。

セリフを述べることだけに集中しすぎてしまう

演技中のセリフを述べることにだけ集中してしまう方は、演技が上手に見えない傾向があります。セリフを覚えて正しく発することは演技の基本ですが、セリフに固執しすぎると演技が不自然に見えてしまう恐れがあります。観客に演者の不安が伝わる原因にもなり、演技が下手に見えてしまうでしょう。

セリフは、暗記するように記憶をして発するものではありません。日常のやり取りと同様、その場で自然に思いついたような様子で発せられるのが理想的です。

演技をしているという雰囲気を観客に感じさせるのではなく、自然ににじみ出るようなセリフ回しや態度が取れると良いでしょう。セリフを覚える際は、記憶するという感覚を超えて、自分の中にしみ込んで自然に出てくるようになるまで落とし込むことが必要です。

演技する役に対して愛を持てていない

演技が上手くならない方は、演技する役に対して愛を持てていないかもしれません。演技は自分でない役柄を演じるものですが、上手い演技をする役者は役そのものに自分がなり切るまで愛情を注いでいるケースが多いです。

例えば、演じる役が殺人犯や暴漢などの犯罪者であったとします。普通の生活をする中では、このような犯罪者の気持ちを理解するのは難しいでしょう。表面的な知識や印象だけで演技をしてしまうと、深みのない演技になってしまうかもしれません。

演者として役を演じる場合は、役に対して愛情を持ち、人生観や考え方にアクセスする必要があります。普段関わることのないような役であったとしても、役に対する調査などを通して行動の裏付けをできるだけ詳細にすると良いでしょう。

役に対しての先入観が強い

役に対して先入観が強い方は、演技が下手に見えてしまう傾向があります。演じる役について説明を受けた段階で、深堀することなく自分の中で正解を決めてしまうのはおすすめできません。

同じ役で同じセリフを発する場合でも、その役が置かれている状況や周りの人間関係次第で演じる内容を変化させないといけなくなる場合は多いです。自分の中で最初に決めた正解が、脚本家や監督が求めるものと違っているかもしれません。

演じる役に対しての先入観はいったん捨てて、役の人間性や周囲との関係性を確認し、イメージを再構築する作業が必要です。演技を開始する前に、担当する役を客観視してストーリー全体の中での位置付けを確認するのも良いでしょう。

演技が上手くなる方法とは?3つの力を身に着けよう

前章で紹介した演技が下手に見える理由を踏まえ、上手くなるために必要な要素について理解しましょう。演技が上手くなるためには、セリフの熟知や演技の技術はもちろんのこと、役の背景や演者の人間性も重要な要素と考えられます。

演技が上手くなるために必要とされている主な3つの要素について、以下で解説します。演技をするうえで基礎的な対応となるため、芸能関係の仕事を目指す方はぜひ参考にしてください。

準備力:脚本・役・シーンを理解する

演技を開始する前に、準備力を向上させると良いでしょう。準備力とは、脚本や役への理解を深め、しっかりとした役作りをする能力のことです。

まずは、与えられた脚本を読み込み理解します。そのうえで、脚本には記載のない世界観を想像し、イメージを膨らませないといけません。脚本に書かれていることだけを表現すればよいというわけではありません。

その上で、演じる役に対する掘り下げを行います。役のことを愛し、深く知っていく中で役そのものになり切るまで落とし込むのが理想的です。そのためには多角的なリサーチが必要になる場合もあるでしょう。演技を開始する前に、綿密かつ広範囲の準備を行うことが良い演技を行う上で必須の条件です。

演技力:発声・演技力・リアクションなどの技術面

上手に見える演技をするためには、演技力が欠かせません。演技力は、トレーニングにより上達が見込めるので、積極的に取り組むと良いでしょう。

まずは、発生及び活舌の訓練が欠かせません。聞こえやすい声の大きさや抑揚などを研究して訓練しましょう。活舌の良さも聞こえやすさに大きく影響を及ぼします。次に、身体の表現力やリアクションを伸ばす必要があります。筋力や柔軟性は最低限必要であるため、適度のトレーニングがおすすめです。リアクションは、周囲に適した反応が求められるため、即興の練習等を取り入れると良いでしょう。

さらに、演技にはバリエーションの豊富さが求められます。似たような演技をしていると、周囲から飽きられてしまいます。様々なタイプの役を演じられるよう、演技のバリエーションを豊富に持っておくと良いでしょう。

人間力:知識・教養・社会性

上手な演技をするためには、技能面だけでは十分ではありません。人間力を鍛えて発揮できるようになると、演技に深みが増します。同じ演技をしても、人間力の高い人の方が魅力的に映ることは多いです。

人間力を伸ばすためには、一朝一夕ではできません。日々の生活の中で積極的に知識や教養を身に着ける必要があります。感受性を伸ばすために、美術館や演劇などに足を運び、芸術作品など美術的な価値が高いものに触れるのも良いでしょう。

人生経験が豊富な演者は、幅広い演技ができると考えられます。過去に経験したことが多いと、様々な役の演技に活かせるでしょう。さらに、自分だけの個性を大事にしている方の方が魅力的に映る場合が多いです。技能面だけにこだわらず、高い人間力を備えることも良い演技をするうえで重要な要素です。

演技を上手くなるには実践で場数を踏むのも大切!

前章では、演技が上手くなる方法を具体的に紹介してきました。紹介したような力を伸ばしつつ、身に着けた演技力の実践の場を設けることも大切です。取得した能力をアウトプットして、周りの評価を確認するのも上達への重要な要素となります。

演技の実践の場を確保する際におすすめの方法について、以下に代表例を2つ紹介します。培った演技能力を発揮して、実践的な経験値を高めましょう。

芸能スクール・養成所

芸能スクールや養成所では、学校のような環境で演技について体系的に学ぶことが可能です。1~2年の在学期間を設けているケースが多く、東京や大阪などの首都圏に多くあります。

基本的に講師が常駐しており、演技についての知識を学んだり実技を通して演技力を身に着けたりできる環境が魅力です。芸能事務所が運営しているスクールの場合は、そのまま芸能事務所への道が開ける場合もあり、芸能関係の仕事に直結する可能性があります。

しかし、芸能スクールや養成所に通う費用は高額になるケースが多い点は注意しましょう。また、体系的な学習に向く環境ですが、演技を行う実践の場面を多く得られない場合もあります。

演技スタジオ・劇団

演技スタジオや劇団に所属するのも、演技の実践の場を得るうえで有効な方法です。演技に特化した環境で、自身のレベルに合わせたレッスンを受けて技術を伸ばせるのが大きなメリットです。

体験や見学を行っている所も多いため、興味があるスタジオや劇団を一度訪れるのも良いでしょう。レッスンを受ける中で、劇団にそのまま所属する道が開ける可能性もあります。

スタジオや劇団ごとに演技に特色があるため、自身が目指す演技と相性の良い団体が見つかると理想的です。目標とする演技の技術をダイレクトに磨ける環境が得られるかもしれません。

しかし、劇団では裏方の仕事が多くなってしまって肝心の演技の経験が十分に得られない場合もあります。所属を決める前に、体験や見学を活用して雰囲気や内容を確認するのが良いでしょう。

演技する実践の場を得たいならタレントボックスがおすすめ

演技を実践の場面で上達させる方法はいくつかありますが、理想通りの経験を積めない可能性もあります。演技に取り組む機会を多く持つためには、実践の場を多く提供できるサービスの利用が欠かせません。

そこでおすすめしたいのが「タレントボックス」というサービスです。手軽に登録ができて多くの芸能系の案件を持っているおすすめのサービスです。以下でタレントボックスの特徴について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

専属契約をすることなく利用が可能

タレントボックスは、芸能事務所のように専属契約を行わずに手軽に利用が可能です。登録は無料で、簡単な情報を入力するだけで完結します。

専属契約を交わす必要がないため、事務所での余計な仕事に煩わされる心配がありません。演技を行う実践の場に直結しているサービスといえるでしょう。

また、養成所のように決まったカリキュラムに縛られることもありません。自分で自由に希望するワークショップに参加して技術を磨いたり、スクールで学んだりすることが可能です。

芸能関係の案件にすぐに取り組みたいと考える方には、タレントボックスはおすすめのサービスといえるでしょう。

事務所を通さないため高額の案件を自由に選べる

タレントボックスでは、芸能事務所などの仲介なしで直接案件に携われるため、高額の案件を自由に選択できます。タレントボックスが扱っている多くの案件の中から、気になるものに直接応募をして、取り組むことが可能です。

案件をこなす中で、場合によっては企業側から直接のオファーが得られるかもしれません。そのような仕事の流れも、直接先方の担当者とやり取りができるため手続きがスムーズで、かつ高報酬が期待できます。

芸能関係の仕事に直結する活動をしたい場合には、タレントボックスの利用がおすすめです。多くの案件を取り扱えるチャンスにあふれたサービスといえるでしょう。

プロフィール作成サポートと売れ方戦略講座の利用が可能

タレントボックスでは、プロフィール作成サポートや売れ方戦略講座など、登録者のサポート体制が充実しています。芸能分野でアピールをするためには、魅力的なプロフィールの作成が欠かせません。企業側の目を引く、アピール性の高いプロフィールを作るためのサポートを受けられるのが、タレントボックスの魅力の1つです。

また、30分の売れ方戦略講座を無料で受講することもできます。いざ芸能分野を目指そうと考えても、具体的にどのように取り組めばよいのか分からない方も多いでしょう。そのような方々の有用な情報源として、売れ方戦略講座を開催しています。

登録が簡単で扱っている案件が多く、各種サポートが受けられるタレントボックスは、演技の世界を目指す方にとっておすすめのサービスといえるでしょう。

演技が上手くなる方法・要素を取り入れて実践の場に臨もう

演技が下手に見えるのは、セリフを覚えるのに必死で役に対する思い入れが不足していることが原因である場合が多いです。演技が上手くなる方法として、演技力はもちろんのこと、演技に取り組む前の準備力と人としての魅力である人間力の育成も欠かせません。

また、演技の能力を発揮する実践の場を多く持つことも大切です。芸能スクール・養成所・劇団など演技を学び実践できる環境に身を投じるのも良いですが、場合によっては十分な経験が積めないかもしれません。

タレントボックスでは、実践的な演技の場を獲得できるおすすめのサービスを提供しています。登録は簡単で、豊富な案件を扱っており、かつサポート体制も充実しています。すぐに実践経験を積みたいと考えている方は、ぜひタレントボックスをチェックしてみてください。

↓プロフィールを公式ラインに送るだけで芸能界入り!↓
友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました